第31回介護福祉士国家試験を解いてみた 問題解説 午前3~4 筆談について適切なものは

 

 

介護福祉職は、一方的な働きかけにならないように、あいづちを打ちながら対応しているので、双方向のやり取りをしようという意図がうかがえます。

よって答えは1になります。

 

 

 

 

中途失聴者も筆談を使います。

空中に字を書いてコミュニケーションをとることもあります。

筆談は、多人数での双方向のコミュニケーションには向きません。

図や絵も用いて伝えます。

筆談では、多くを伝えようとするのではなく、キーワードを活用して内容を伝達します。

よって答えは5になります。

 

 

続き
第31回介護福祉士国家試験を解いてみた 問題解説 午前5~6 地域共生社会とは

 

 

「第31回介護福祉士国家試験を解いてみた 問題解説 午前3~4 筆談について適切なものは」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。