第113回医師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 B1~5 成人と比較したときの乳児の特徴は

 

 

インフォームド・コンセントとは、「十分な情報を得た上での合意」を意味する概念です。

インフォームドコンセントは同意後に撤回できます。

インフォームドコンセントは法的なものではありません。

十分な説明と同意が必要です。

医療従事者の責任回避が目的ではありません。

患者さんの主体性を重んじて行う行為です。

よって答えはeになります。

 

 

 

 

ヘルシンキ宣言は、ナチスの人体実験の反省より生じたニュルンベルク綱領を受けて、1964年にフィンランドの首都ヘルシンキにおいて開かれた世界医師会で採択された、医学研究者が自らを規制する為に採択された人体実験に対する倫理規範です。正式名称は、「ヒトを対象とする医学研究の倫理的原則」です。

よって答えはcになります。

 

 

 

 

「本人は週末まで入院を希望している」というのは、計画ではなく、患者の希望なので、SOAPのPのところに記載するのはふさわしくないです。

よって答えはeになります。

 

 

 

 

HIVが通常の接触で感染伝播することはないので、HIV自体の感染対策としては、標準予防策で十分です。

ヒゼンダニによる疥癬の拡大防止には、疥癬が疑われる患者に対して手袋や長袖ガウンの着用といった接触予防策を行うことが大切です。

空気予防策は、主に結核、水痘、麻疹感染症の際に必要となります。

Clostridium difficileの対策には手袋着用が重要であり、感染症例には糞便を念頭においた接触予防策を行います。

飛沫予防策は、主にインフルエンザウイルス感染症、マイコプラズマ感染症などの気道感染の際に必要となります。

よって答えはbになります。

 

 

 

成人と比較したとき

  • 尿濃縮力は低いです。
  • 体重あたりの体液の割合は多いです。
  • 体重あたりの水分必要量は多いです。
  • 体表面積あたりの不感蒸泄量は多いです。
  • 体重あたりのエネルギー必要量は多いです。

よって答えはaになります。

 

 

続き
第113回医師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 B6~10 腹部の診察で波動が認められると考えられるのはどれか

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました