第107回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前26~30 急性大動脈解離について正しいのはどれか 

 

 

赤血球は、骨髄で成熟し、脱核して血液中に移動します。血液中の赤血球は核を持ちません。

よって答えは3になります。

 

 

 

 

胸腔内は、通常陰圧に保たれています。

吸息相で、横隔膜が収縮し胸腔の体積が増え、胸腔内圧は低下し、呼息相で、横隔膜は弛緩し胸腔の体積が減り、胸腔内圧は上昇します。

よって答えは4になります。

 

 

 

 

急性大動脈解離では、大動脈の内膜が解離します。

診断には、造影CT検査が必要です。

スタンフォード分類B型では、A型と比べて緊急性が低く、血圧管理を行います。

若年者では、マルファン症候群の患者さんに急性大動脈解離がみられることが多いです。

よって答えは4になります。

 

 

 

 

社会保障給付費の内訳は、年金が54兆円、医療が36兆円、福祉その他が21兆円の順になっています。

よって答えは1になります。

 

 

 

 

受胎調節の実地指導は、母体保護法です。

市町村保健センターの設置は地域保健法です。

医療安全支援センターの設置は医療法です。

特定給食施設における栄養管理は、学校給食法です。

よって答えは2になります。

 

 

続き
第107回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前31~35 Weber試験に用いるのはどれか

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました