第113回医師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 B6~10 腹部の診察で波動が認められると考えられるのはどれか

 

 

開放型の質問を用いた医療面接は、時間がかかり、網羅的な情報は得られないものの、患者さんが関心を持っている事項を把握するのには適しています。

よって答えはeになります。

 

 

 

 

血行動態は以下のようになります。

心拍出量 体血管抵抗 中心静脈圧・肺動脈楔入圧
緊張性気胸
出血性ショック
心原性ショック
心タンポナーデ
アナフィラキシーショック

よって、答えはeになります。

 

 

 

 

腹部の診察で波動を認めるのは腹水貯留です。dのX線写真はX線の透過性の低下があり、腹水貯留の所見です。

よって答えはdになります。

 

 

 

 

伝導失語は、発話は基本的に流暢で構音も良好ですが、吃音のような話し方になります。また、復唱ができないのが特徴です。

よって答えはcになります。

 

 

 

 

出産10分後以降の目標SpO2値は90%以上になります。

よって答えはeになります。

 

 

「第113回医師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 B6~10 腹部の診察で波動が認められると考えられるのはどれか」への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。