「オンコリスバイオファーマ」タグアーカイブ

ウイルス学に立脚した創薬会社オンコリスバイオファーマ社 主力製品は腫瘍溶解ウイルスと腫瘍検査ウイルス

2019年1月に17日に、オンコリスバイオファーマ株式会社がアメリカのコーネル大学と「テロメラシン・抗PD-1抗体ペムブロリズマブ併用の医師主導臨床治験フェーズII」の契約を締結したとニュースが流れました。この治験は、進行性食道がんの有効性と安全性を検証するためのものです。 オンコリスバイオファーマ社は、ウイルス学(Virology)に立脚した創薬をコンセプトに「がんや重症感染症」に対する新薬の開発に力を入れている製薬会社です。 [イノベーションとファブレス経営] オンコリスバイオファーマ社は、ウイルス学の見地から「がんと重症感染症」に重点をおき、ウイルスの遺伝子改変技術を生かした新しく安全性と有効性の高い治療方法に観点を置いた創薬を目指しています。 同時に新しい検査サービスの開発にも力を入れ、これまで確立された治療法がなかった領域へのイノベーションをもたらすことをビジョンとしています。 オンコリスバイオファーマ社は、「がん及び重症感染症」などの難病について大学などの研究機関や企業から対象となる医薬品候補を導入、創薬プランを「企画、研究、開発」、製造および臨床試験をアウトソーシングして医薬品開発を行う「ファブレス経営」というビジネスモデルをとっています。 ファブレス経営の大きな特徴は、「企画、研究、開発」などに集中して投資できる、大規模な設備投資が不要、市場の変化に柔軟に対応できる、なるべく短いライフサイクルで製品化することが可能なことです。 オンコリスバイオファーマ社は、「開発途上の段階で開発および販売権を大手製薬会社へ導出、大手製薬会社が持つ開発資源や販売網を活かすことが医療にイノベーションをもたらす最短経路である」と述べています。 このようなビジョンとビジネスモデルを持っているオンコリスバイオファーマ社のパイプラインをみてみましょう。 [オンコリスバイオファーマ社のパイプラインは] ◇テロメライシン(OBP-301) Continue Reading ->