「メディカルラリー」タグアーカイブ

救急現場での対応・情報をまなぶメディカルラリーとは

⒞Hipohige.com メディカルラリーと出場チーム編成 メディカルラリーとは、医師や看護師、救急救命士といったコメディカルスタッフが5~8名程度でチームを編成して、用意された模擬現場でさまざまな救急状況を想定して、手技の正確性やタイムを競い合うトライアルレースです。 患者役やシナリオに関わるスタッフ 模擬現場では、実際に人がムラージュといって特殊メイクや血糊などを使って、大げさに患者役の演技をします。より現場に近い状況を想定し、臨場感あふれるものになっています。会場も実際の病院の診察室や検査室をそのまま使う事が多く、これもリアリティの演出に1役買っています。 ラリーは5~7程度のシナリオステーションから成ります。1ステーションにつき患者役1~2名、家族などの関係者役1~2名、進行役1名、審査員複数名で運営されます。大きな大会のトリアージ症例(多くの傷病者がでてくる症例)では30~50名もの患者役が用意される事もあります。それだけ大多数の患者役がメイクをして、一斉に本物の現場さながらに騒ぎ、混乱する姿は圧巻です。 出場チームは、大会当日にレギュレーションの説明を受け、運営側の用意したチューターの指示のもとシナリオに取り組みます。チューターは情報の漏洩が無いように、各チーム毎の接触を避け、各ステーション毎への道案内をします。移動する際にはチーム間の重なりを避け、分単位で厳密に設定されています。 出場者から見たラリー 大会のシナリオの緊迫感は正に現場そのものと言えます。 家族役が「早く助けて下さい」「どうなったんですか」などと矢継ぎ早に質問し、緊迫感を演出します。患者役は、分単位で急変していき、血圧や心電図の所見が進行役より提示されます。 出場者は、この状況の中でキーワードや異常な所見を見つけ出し、病気や病状を推測して、症例に合った処置をしていきます。審査員やギャラリーがいるという状況は、いつも以上に緊張感をあおります。多くのシナリオは20分程度で行われますが、出場者は何倍もの時間を感じます。 大会終了後は当日中に閉会式と表彰が行われ、その後に運営側と出場者の懇親会が行われます。運営も大きな大会になると100人以上が関わっています。内訳も医師や看護師のみならず、消防職の救急救命士や警察官など多岐に及びます。普段なかなか関わらない他職種の人と、意見を交換する機会は大変貴重です。 メディカルラリーの位置づけと今後 メディカルラリーは、最新の医療技術や医療の根拠を知る良い機会となっています。いっぽうで、メディカルラリーだけでは収益に結びつけるのは難しく、多くの方のボランティアで成り立っているのが現状です。なかなか運営するのが難しいメディカルラリーですが、今後もより多くの人に救急現場での対応・情報を共有する重要な役割を担っていきそうです。 Continue Reading ->

VR技術を用いた仮想空間でより現実的な救急トレーニングを

  ここ数年のITテクノロジーの技術革新は目覚ましいものがあります。その中でも注目を浴びているのがVR技術です。 最近は家庭用のPCやゲームハードでも使用され、より身近なものになってきています。 映像による受動的な視覚型から実際に体験する体感型へというのが最近のトレンドでしょうか。 Continue Reading ->