「尋常性乾癬」タグアーカイブ

尋常性乾癬、関節症性乾癬にたいするPDE4阻害薬 アプレミラスト(商品名;オテズラ)

乾癬は、皮膚や関節に症状のあらわれる慢性炎症性疾患です。最近は、治療の選択肢が広がってきており、2017年3月には、新しい機序の尋常性乾癬および関節症性乾癬治療薬が発売となりました。 写真はイメージです。 photo by photo AC 乾癬の症状と治療 乾癬は、病態により尋常性乾癬、関節症性乾癬、滴状乾癬、乾癬性紅皮症、汎発性膿疱性乾癬の5つに分類されます。そのうち、尋常性乾癬は全乾癬患者さんの約9割、関節症性乾癬は3~10%をしめるといわれています。 原因については、明確には解明されていませんが、免疫の機能異常が関わっており、免疫異常をおこしやすい体質の人に、ストレス、乾燥などの外的因子や肥満、妊娠、糖尿病などの内的因子が合わさることで発症するのではないかと考えられています。 尋常性乾癬は、頭やひじ、ひざなどに出やすく、銀白色の皮膚の粉を伴った特徴的な紅斑がみられます。治療は通常、ステロイド外用薬やビタミンD3外用薬をもちいた外用療法(局所療法)が行われます。また、症状に応じて、光線療法や免疫抑制剤、ビタミンA誘導体などの内服療法、生物学的製剤が選択される場合もあります。(詳しくはこちら) 関節症性乾癬は、手や足の先に近い関節に炎症が発現しやすく、腫れや痛み、変形をともない、不可逆的な関節変形をきたすこともある疾患です。治療は、皮膚症状や関節症状の重症度により選択されますが、薬物療法が中心となり、抗リウマチ薬や生物学的製剤がもちいられます。(詳しくはこちら) 写真はイメージです。photo Continue Reading ->

2017年新たにシャンプー型のステロイド製剤の発売開始

  2017年3月に新たに、尋常性乾癬の治療薬「コムクロ®シャンプー」が承認されました。今までには無かったシャンプータイプのお薬で、頭部の尋常性乾癬が適応症となります。 尋常性乾癬とは 病態と従来の治療薬 尋常性乾癬は、銀白色の皮膚の粉を伴った紅斑が発現します。こすれやすい肘や膝、頭部、腰周りなどに出やすい疾患です。 感染症ではないので、人にうつることはありません。命に関わることは稀ですが、周囲の人々からの視線が気になり生活の質が落ちてしまう患者さんは少なくありません。 尋常性乾癬の治療には通常、ステロイドやビタミンD3製剤が含まれた塗り薬から開始します。年々治療法が確立されて、治療の効果がみられる患者さんが増えてきてはいるものの、 頭部に症状のある患者さんの満足度は低いという報告もあります。 シャンプー型ステロイド 使い方と副作用     そこで開発されたのが、コムクロ®シャンプー(クロベタゾールプロピオン酸エステルシャンプー)です。本剤はステロイドを含む日本で初めてのシャンプータイプの薬剤です。 1日1回、本剤を症状の出ている所を中心に塗布し、15分後に泡立てて洗い流します。目や目の周囲に薬剤が付着した時には、眼障害が出る危険性がありますので、しっかりと洗い流すようにしてください。 副作用を防ぐためにも、使用後は手をしっかりと洗うこと、塗布しているときに頭部を覆わないことも注意が必要です。 コムクロ®シャンプーの効能と今後への期待 尋常性乾癬は皮膚が尋常でない速さで作られることにより症状がでてきます。また、炎症を引き起こす物質が放出されているため炎症反応が問題となってきます。 ステロイド薬はこの炎症物質の働きを抑えて、炎症を抑制する効果を発揮します。実際、コムクロ®シャンプーの臨床試験では患者の約3割に改善がみられたとの報告があります。 シャンプータイプのステロイド薬の誕生により、より多くの患者の症状改善が期待されています。適切に使用し、症状の改善を目指しましょう。   Continue Reading ->