パーキンソン病

スポンサーリンク
iPS

再生医療を用いたパーキンソン病の治験が始まる 新しい治療方法の第一歩になるか

パーキンソン病の症状改善のための新たな治療方法として、京都大学医学部附属病院と京都大学iPS細胞研究所が連携した医師主導治験計画が国に承認され、2018年8月1日より治験患者の選定作業が開始されています。 新たな治療方法とは、「iPS...
神経内科

開発が進められているパーキンソン病のオフ症状治療薬アポモルヒネの舌下投与フィルム製剤とは

アポモルヒネを含有する舌下投与のフィルム製剤を舌下投与することで、投与が簡便になり、患者さんや介護者の負担を減らすことが期待されています。 オフ症状を伴う成人のパーキンソン患者さんを対象とした臨床試験では、
神経内科

パーキンソン病の新しい治療薬「デュオドーパ®配合経腸用液」

現在、日本では1000人に1人がパーキンソン病を患っていると言われています。50~60歳代に発症することが多く、60歳以上では100人に1人が罹患しています。高齢化が進む現代では、患者数がさらに増加することが予想されている難病です。 ...
神経内科

Microsoftがパーキンソン病患者の手の震えを抑える腕時計型デバイスを開発

  パーキンソン病の患者たちは、常に手の震えに悩まされています。物を持つ、字を書く、という日常生活においても不便を感じている患者たちを助けるデバイスをマイクロソフトが開発しました。 パーキンソン病とは 世界中にパーキンソン病を患っている人は...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました