癌性疼痛

スポンサーリンク
看護

第97回看護師国家試験午前の97番 癌(性)疼痛に対するフェンタニルパッチについて適切なのはどれか

癌(性)疼痛に対するフェンタニルパッチについて適切なのはどれか。 冷蔵保存する。毎回貼付部位を変える。用量調節が容易である。頓用でも使用が可能である。 フェンタニルパッチは、経皮吸収型の強オピオイドです。疼痛コントロー...
看護

第93回看護師国家試験午前の83番 癌性疼痛で正しいのはどれか

癌性疼痛で正しいのはどれか。  薬剤の第1選択はモルヒネである。 癌進行度とは関係がない。 心理状態には影響されない。 持続性の痛みが多い。 癌性疼痛とは、腫瘍細胞の浸潤により組織が損傷されたり、腫瘍に伴う種々の不快感に関連し...
看護

第90回看護師国家試験午前の97番 膵癌の疼痛に対する薬物療法で最初に試みるのはどれか

膵癌の進行期にある患者が上腹部と腰部とに強い痛みを訴え始めた。疼痛に対する薬物療法で最初に試みるのはどれか。 1.経口モルヒネ2.リン酸コデイン3.非オピオイド鎮痛薬4.副腎皮質ステロイド がん性疼痛に対する治療に除痛ラダーと...
看護

第89回看護師国家試験午前の83番 癌性疼痛で適切でないのはどれか

癌性疼痛で適切でないのはどれか。 不安は痛みを増強する。WHOの指針では麻薬性鎮痛薬が第一選択である。麻薬性鎮痛薬の副作用には便秘がある。痛みの程度はスケールを使って示す。 癌性疼痛とは、腫瘍細胞の浸潤により組織が損傷されたり...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました