「頭痛」タグアーカイブ

ドイツからの報告 頭痛に悩まされる子どもたち とても簡単な予防策とは?

[子どもが頭が痛いと言ったら] 子どもが「頭が痛い」と言ったらどう考えますか。まずは、「熱があるのかな」と考えてしまうのではないでしょうか。また、子どもの頭痛ぐらいと軽く考えたり、逆に、病院で検査しても異常がなかったといったことはないでしょうか。 ここ最近、小児科や脳神経外科などで子どもの頭痛の患者が多くなっています。頭痛を訴える子どもの約9割は「片頭痛や緊張型頭痛」といわれています。10歳以下の子どもの頭痛は少ないのですが、早い子供では小学校入学前から頭痛に悩まされる場合もあります。 調査によると子どもの片頭痛は約7.7%、緊張型頭痛は13.1%になります。12歳までは女子と男子とはほぼ同じですが、12歳をすぎると女子の割合が多くなり、男子の1.5倍以上といわれています。各病院の受診率からみてみると片頭痛が半数以上を占めています。 片頭痛や緊張型頭痛に悩まさられている大人の方も多いと思います。片頭痛や緊張型頭痛は辛いですよね。子どもの片頭痛や緊張型頭痛は、ほぼ、大人の片頭痛や緊張型頭痛と同じ症状です。 頭痛が慢性化すると「慢性連日性頭痛」になることもあり、不登校になる原因の一つといわれています。慢性連日性頭痛は2.2%の子どもにみられます。 このような子供の頭痛について、ドイツのArzteZeitungに「頭痛に悩まされる子どもたち─とても簡単な予防策とは?」という興味深い記事が掲載されました。 [頭痛に悩まされる子どもたち─とても簡単な予防策とは?] -ドイツの子供の頭痛事情は- ドイツでは約60%弱の子どもが頭痛の症状に悩まされています。この中でも女子が占める割合は男子に比べて約1.5倍です。頭痛は年齢に比例して上がっていき、約半数の子どもが頭の痛みとともに疲労感や背中の痛みを訴えています。頭痛を含む症状を引き起こす要因として多いのは運動不足、肥満、家庭内及び学校内でのストレスやいじめなどです。 このような不調の裏には睡眠不足や水分補給不足が隠れていることは珍しくなく、対応を講じることはむずかしいことではないと指摘しています。そのほかにも乳糖を含まない食生活などで改善される場合もあります。 -頭痛の引き金となる要因を特定するには- 小児科医学会議の中で小児科医のStephanie Continue Reading ->

頭痛には質の良い睡眠を!睡眠は頭痛にとって効果的なケア

近年ストレス社会の影響からか頭痛に悩まされている人は多いのではないでしょうか。頭痛を緩和するにはストレスを解消することや、規則正しい生活を送ることが大切です。その中でも睡眠は頭痛に対してもとても効果的なケアになるんです!今回は頭痛と睡眠の関係についてご紹介します。 写真はイメージです。 photo by photo AC 〇代表的な頭痛、片頭痛と緊張性頭痛とは 頭痛として代表的なのが片頭痛と緊張性頭痛です。 片頭痛は偏頭痛ともいい、脳の血管が拡張することで周りの神経が刺激され、痛みが引き起こされると考えられています。そのため血管の拍動に伴った痛みを生じるのが特徴です。また片頭痛といいますが、頭の片側だけが痛むのではなく、両側に痛みが生じる場合もあります。片頭痛には特徴的な目の前がチカチカしたり真っ白になるという「閃輝暗点」という前兆がある場合があり、女性に多いとされています。 緊張性頭痛は頭全体が締め付けられるような痛みであることが特徴で、痛み自体はそれほど強くなく、幅広い年齢層でみられます。緊張性頭痛は頭部の筋肉が緊張することで起こり、肩や首のこりを伴うことも多く見られます。 写真はイメージです。photo Continue Reading ->

コーヒー1杯が鎮痛薬の作用を増強する?!

カフェインは、コーヒーやお茶など日常的に口にする飲み物に多く含まれていたり、風邪薬や鎮痛薬などに配合されていたりと、私たちにとって身近な物質です。それでは、カフェインにはどのような作用があるのでしょうか? 写真はイメージです。 photo by photoAC カフェインの主な作用 カフェインはさまざまな嗜好品に含まれていますが、特にコーヒーに多く含まれることが知られており、コーヒー1杯あたりに100mg程度のカフェインが含まれていると言われています。 コーヒーを飲むと眠れなくなることや、トイレが近くなることをよく耳にしますが、これらはカフェインの効果によるものと考えられています。 カフェインは、おもに、アデノシン受容体の非特異的拮抗作用、ホスホジエステラーゼ阻害作用、細胞内貯蔵カルシウムイオンの遊離促進作用を有しています。 アデノシンは脳の活動性を低下させ、眠気を促す働きを担う物質であり、ヒトにはアデノシン1~4(A1~4)受容体が存在しています。カフェインとアデノシンの化学構造は似ており、カフェインは特にA1、A2A、A2B受容体に拮抗作用を有することが知られています。カフェインが受容体に結合することでアデノシンの結合を阻害し、そのことにより脳内の興奮性神経伝達物質の働きが活発になり、中枢神経を興奮させると考えられています。 そのほか、アデノシン受容体の拮抗による脳血管収縮作用や腎血流量増大に伴う利尿作用、ホスホジエステラーゼ阻害による気管支弛緩作用、胃酸分泌促進作用などさまざまな薬理作用をもつことが報告されています。 カフェインと鎮痛剤 数々の研究により、さまざまな作用が報告されているカフェインですが、「Kaffee Continue Reading ->