第87回看護師国家試験午前の88番 膵癌について誤っているのはどれか

膵癌について誤っているのはどれか。

1.膵頭部癌の症状で多いのは黄疸である。
2.膵体尾部癌の症状で多いのは上腹部痛および背部痛である。
3.急速に進行する糖尿病では膵癌の検査が必要である。
4.画像診断で早期に発見されることが多い。






膵頭部癌では、胆管の閉塞により黄疸をきたします。

膵体尾部癌では、上腹部痛、背部痛をきたします。

膵癌により、急速に進行する2次性の糖尿病をきたすことがあります。

膵癌は、早期発見が難しく、予後も不良です。

よって、答えは4になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました