川などの水辺で感染するレプトスピラ症とは リスクの高い地域では注意が必要

2016年8月に、沖縄の国頭(くにがみ)村を流れる奥間川で川遊びをしていた約70人のグループのなかで11人が川遊びによる原因で集団感染が発生したとういうニュースが流れました。 同じような集団感染は、2014年に沖縄北部の演習場を流れる川に濡れたアメリカ兵90人、八重山地区では2007年に10人、1999年に15人なども報告されています。 外国に目を向けてみると、タイでは毎年数千人規模の大流行、フィリピンで台風による洪水が原因で感染が広がり89人が死亡するという大規模の感染なども起きています。日本でも、台風による洪水のあとで2004年に愛媛県、2005年に宮城県で発生した事例があります。 マレーシアとアメリカでは河川でのトライアスロン大会で大規模な発生が報告されています。 これらの集団感染の原因は、「レプトスピラ菌」の感染による「レプトスピラ症」を発症したためです。 世界では、毎年30万人から50万人が「レプトスピラ症」を発症しているといわれています。 レプトスピラ症は、東南アジアや南アメリカといった亜熱帯地域の国に多くみられ、大規模な流行がたびたび発生しています。 [レプトスピラ症ってなに] レプトスピラ症は日本では「秋やみ(軽症型)」、「ワイル病(重症型)」ともいわれ、保健所に届け出の必要がある四類感染症に指定されていています。 -レプトスピラ菌とは- レプトスピラ症の原因になるレプトスピラ菌は、感染した宿主となる動物の腎臓に保菌されています。 尿ともに排泄されて、数ヶ月間は中性から弱アルカリ性の淡水中や湿った土壌中で生存します。 野生下では、主に「ネズミなどのげっ歯類」などが宿主になります。ウシなど家畜や愛玩動物であるイヌやネコなどのほとんどの哺乳類に感染します。ヒトにも感染する「人畜共通感染症」です。 感染した動物の尿や尿で汚染された水や土から経皮的もしくは経口的に感染します。 -レプトスピラ症の症状は- レプトスピラ症は、感染してからの潜伏期間が3日から2週間程度です。軽症型と重症型の2段階に分けられます。 軽症型の症状は、「38℃から40℃の発熱、頭痛、結膜充血、悪寒、蛋白尿、背中やふくらはぎなどの筋肉の痛み」など軽い風邪からインフルエンザのような症状を引き起こします。多くの場合は1週間程度で治癒します。 発症してから、5日から8日ごろに重症型に移行する場合があります。「黄疸、出血、腎臓障害、肝臓障害」などの症状があらわれます。出血は、鼻血や皮下出血で肺などの臓器からも出血する場合があります。 重症型では、臓器不全や急性呼吸窮迫症候群などを引き起こして危険な状態になることがあります。重症型に移行した場合の致死率は5%から40%です。治療開始が遅れると致死率が高くなる傾向にあります。 -レプトスピラ症の治療は- 治療には抗菌薬が使用されます。軽症型では、「ドキシサイクリン」や「アモキシシリン」などが使用されます。 重症型では、「ペニシリン」や「ストレプトマイシン」を用います。ストレプトマイシンは、日本での研究によって早くから使うことで高い効果が期待できるとされています。 重症型の場合、腎不全などの臓器障害などが起きている場合には対処療法も併せて行われます。 [レプトスピラ症の特徴をみてみましょう] レプトスピラ症は、7月から10月に多く見られます。 河川や池などでのレジャーや作業の感染が全体の半数近くと最も多く、ネズミの尿と接触の機会が多い下水道工事や建築など作業、農作業、畜産に関わる作業、台風や大雨などの増水のあと、ネズミが住み着いている家屋の住人などの感染があげられます。 日本では、1970年代までは年間の死亡者数が50人以上も報告されていましたが、衛生状態の向上に伴い感染者数は激減しました。 最近10年間の感染者数は年間で約30人弱(うち死亡者数は約0.5人)です。性差がみられて感染者の約90%が男性です。 感染者を地域別にみると半数以上が沖縄(142例)です。沖縄の中でも全体の85%以上が八重山地区で、とくに西表島で多くみられます。 沖縄についで多いのが東京(27例)、宮崎(16例)、鹿児島(13例)です。散発的にそのほかの都道府県でも発生しています。 沖縄では河川から、東京ではネズミとの接触からの感染が多いことが報告されています。 国内での感染だけではなく、海外の流行地域からの帰国者の発症も毎年2人~3人ほどみられます。そのほとんどが東南アジアからの帰国者です。 [レプトスピラ症を予防するには] レプトスピラ症を予防するためには、感染源となる感染動物の尿や汚染された水や土壌との接触を避ける必要があります。 ・リスクが疑われる地域で、河川や水田などに素足などでそのまま入らない。とくに、皮膚に傷がある、体調が悪い場合などは感染のリスクが高まります。川の水を飲むなどはしない。 ・入る必要がある場合には、ゴム手袋や長靴など肌の露出がないように防護効果のある服装を身に付ける。入ったあとは手洗いなどを行うようにする。 ・ネズミなど野生生物との接触を避ける。家屋にネズミなど野生生物が住み着いている場合には業者に依頼するなどして駆除をおこなう。 ・台風や大雨などで河川や下水が氾濫したところには近づかない。 海外を含めて多発地域から帰ってきたあとに、インフルエンザのような症状が出た場合には病院でお医者さんに行った場所や状況を伝えるようにしましょう。 レプトスピラ症は症状だけでは確定診断ができません。確定診断には専門機関での検査が必要ですが、お医者さんに情報を伝えることで診断の重要な手がかりになります。 レプトスピラ症が疑われれば、確定診断を待たずに早期の治療開始が可能になります。 レプトスピラ症は先に書いたように人畜共通感染症です。身近なペットではイヌなどの発症例が増加傾向といわれています。ご自宅で飼われているイヌなどの様子がおかしいと感じた場合には獣医さんに相談してくださいね。   Continue Reading ->

酒は百薬の長といいますが・・・ 本当にお酒は百薬の長なの?

約2000年前に書かれた中国の「漢書」のなかに、「酒百薬之長、嘉會之好」という記載があります。 おおまかに意訳してみると「酒は多くの薬のなかでもっとも秀でていて、めでたい席でたしなむのにふさわしい」。「酒は百薬の長」といわれる語源となった言葉といわれています。 一方、鎌倉時代末期に書かれて徒然草の中に、「酒は百薬の長というけれど、酒はいろいろな病気の元である。理性を失い、善を焼き尽くし、よろずの戒めを破り、地獄におちる」とちょっと怖いことが書かれています。 ここから「酒は万病の元」、「酒は百悪の長」ともいわれるようになったといわれています。 いにしえの昔からいわれている「酒は百薬の長」と「酒は万病の元」。古来よりお酒は生活の中でから切り離すことができなかったこともうかがい知ることができますね。 お酒の飲みすぎはからだによくありませんが、適量のお酒はからだに良いって聞いたことはありませんか。逆に、ちかごろでは酒は百薬の長ではないとも耳にします。はたして「酒は百薬の長」なのでしょうか。 [適量のお酒がからだにいいと言われるのはなぜなの] 適量のお酒がからだにいいという根拠の一つになっているのが、飲酒の適正量をあらわす「Jカーブ」と呼ばれているグラフです。 もともとはイギリスの医学者マーモットが、1981年に提唱した「毎日、お酒を適量飲んでいる人のほうが死亡率は低い」という考え方が基になっています。 グラフで表すと、J字型曲線になることから「Jカーブ」といわれています。 グラフ一番左側がお酒を飲まない人で死亡率を「1」として飲酒量と比較しています。 Jカーブが一番下がっているのは、1日のアルコールの摂取量約20g未満です。 アルコール摂取量が約20gはどのくらいの量になるかみておきましょう。 ビール 中びん1本(500ml) 日本酒15度 1合 焼酎25度 0.6合 ウイスキー43度 ダブル1杯 ワイン14度 1/4本 缶チューハイ5度 1.5缶 この研究については、お酒を飲まないグループに飲酒歴があって病気などが原因で禁酒をしている人が含まれている、体質や喫煙習慣などさまざまな要因が考慮されていないとの指摘がありました。 その後、世界各国でさまざまな要因の影響を配慮するようにした研究が行われてきました。日本でも研究は行われています。 20歳~39歳の若年層が含まれていませんが、若年層の場合には「Jカーブ」を示さずに直線を示すといわれています。 WHOによると、若年層の死亡原因の25%はアルコールに起因していると報告されています。 グラフの「禁酒者」は、以前に飲酒していて病気などの理由で現在禁酒している方です。これらの方の死亡率が高いのはなんらかの健康問題を持っているからだと推測されています。 がん、心血管疾患、総死亡数で、男女とも1日23g未満で最もリスクが低くなっていますね。 病気との関連性についてはわかりやすいグラフも公表されています。 海外の研究においても、心血管疾患については同じような結果が報告されています。単純に考えると適量の飲酒はからだに良いということになりますよね。 適量の飲酒は、心臓病を予防する善玉コレステロールの量を増やして悪玉コレステロールを抑える効果があるといわれています。 2型糖尿病について、適量の飲酒が発症率が低下させるという研究結果を裏付ける論文が発表されています。 お酒には食欲増進やストレス解消などの効果があるともいわれています。コミュニケーションを深めるのにも一役かうこともありますよね。 しかし、適量の飲酒のリスクが小さいからといって、その原因が適量の飲酒とは限りません。相関関係と因果関係を一概に結びつけることがむずかしいからです。 たとえば、適量の飲酒者のリスクが小さいのは適量のアルコールが体に良いわけではなく、ほかに健康に良い生活習慣と関係しているからということも考えられます。 お酒をまったく飲まない人は、なんらかの健康的な不安があるので飲酒しないといった人も存在する可能性があります。この可能性を踏まえると非飲酒者の見かけ上のリスクが上がるかもしれません。 オーストラリア国立薬物研究所(NDRI)の研究では、お酒と健康の関連を調べた過去の論文87件を分析。「病気による飲酒の是非」を考慮していない論文をすべて除外した上で残りの論文を改めて分析し直しました。 その結果、研究チームは適量の飲酒が動脈硬化症や冠動脈疾患などで一部の疾患リスク低下と関係があることは認めつつも、「適量の飲酒がお酒を飲まない人より健康的で長寿をもたらすという結果は得られなかった」としています。 この研究結果について、見方を変えてとらえると「適量の飲酒が良いか悪いかわからない程度しか健康には影響を及ぼさない」といいかえることもできるとの指摘もあります。 [結局、お酒は百薬の長なの?] お酒と健康について膨大な数の論文が発表されていますが、お酒が百薬の長なのかどうかについて決定打となるものはないといわれています。 確実な検証をするのが難しいのは、飲酒がさまざまな生活習慣や社会的状況などに深く関連しているので、これらの要因をすべて排除することがむずかしいからだといわれています。 もちろん、これまでのさまざまな研究からわかっていることもあります。Jカーブの研究からみてみましょう。 ・「高血圧、脂質異常の持病のある方、肝機能の数値がよくない方、乳がんに罹患した人が身内にいる方」などは少量の飲酒でもリスクが高まる可能性があります。 ・健康に問題がなければ、過度に神経質になることはなく楽しむ程度に飲酒しても構わないでしょう。 まずは、健康であることが大事ですね。ご自身の健康を考えて、飲みすぎることがないようになるべくご自身の適量を守ってお酒を楽しんでくださいね。 お酒が百薬の長となるのは、あなた次第なのかもしれません。 Continue Reading ->

12種類の手術が保険適用に加わったロボット手術 ロボット手術は外科手術を変えるの?

先日まで放送されていた医療ドラマでロボット手術が出てきましたよね。ロボット手術の認知度が上がったのではないでしょうか。「ロボット手術ってなに?」という方も多くいると思います。 ロボット手術といっても、AIを備えたロボットがまるでSF映画のように手術するわけではありません。正式名称は「ロボット支援下内視鏡手術」といいます。 からだに開けた数ヶ所の穴から内視鏡や手術器具を差し込んで行います。従来からある腹腔鏡や胸腔鏡を使用した内視鏡手術をロボットの助けを得て行う手術のことです。 ロボット手術は、保険適用が前立腺がんと腎臓がんの一部でしたが、2018年4月の診療報酬改定時に12種類の手術が適用範囲になりました。 胃がん、食道がん、直腸がん、肺がん、膀胱がん、子宮がん、縦隔腫瘍、心臓弁形成の手術が対象になります。なお、術式として対象になっただけなのでそれぞれのがんごとに対象なる手術は限られます。 保険適用が増えたたことで、ロボット手術がおこなわれる可能性が高くなったとも考えられます。ロボット手術とはどのようなものか知っておくことも必要かもしれませんよね。 さっそく、ロボット手術についてみていきましょう。 [ロボット手術はどういうものなの] 現在、日本で承認されている手術ロボットはアメリカ製の「ダヴィンチ」のみです。 ダヴィンチは1999年に完成。2000年にFDAの認可が下りて医療現場で使用されるようになりました。 日本では、2000年に慶応大学が最初の導入をしてからほかの大学や医療機関でも導入され治験が繰り返されて2009年に薬事承認されました。けっして新しいものではなく、保険適用まで進んだというところです。 ダヴィンチは、からだに開けた数か所の穴から細長い内視鏡カメラ、超音波メス、鉗子などの手術用器具を3~4本のロボットアームに装着して体内に挿入します。 執刀者は、サージョンコンソールといわれる操作台に座って、レンズを通してモニターに映し出される3D映像を見ながら遠隔操作する形で手術を行います。 ロボットのアームには関節が7つあって、人間の手以上にスムーズに動くことで執刀者の動きを忠実に再現します。手元で10センチ動かしても、実際のアームは2センチしか動かないので細かい作業がしやすく手ぶれ防止機能も備えています。 従来の腹腔鏡や胸腔鏡を使用した内視鏡手術は、おなじようにからだに穴をあけて器具を挿入して手術します。 開腹手術と異なり、からだへの浸潤が少なく退院までの期間が短くてすみます。この点はダヴィンチも同じです。 内視鏡手術では、内視鏡を通して映像をみながら行いますが2D映像のために奥行きの把握しづらく慣れが必要です。 また、器具を安定させるために患者の体の穴の部分を支点にして動かします。そのために体内で動かしたい方向と外から器具を動かすには逆方向に動かす必要があります。 ダヴィンチは、ロボットアームに器具を取り付けて安定させているのでそのようなことはありません。器具が曲がる自由度が大きいのも特徴で角度的にむずかしい場所でも操作しやいようになっています。 https://youtu.be/hsO17AE34Fg これらの点から、腹腔鏡や胸腔鏡を使用した内視鏡手術よりも操作がしやすいといわれています。 このようにみていくと、ダヴィンチはすごそうですよね。ダヴィンチは、今後はどのようになっていくのでしょうか。 [ロボット手術の今後は] 最初に保険適用されていた前立腺がんと腎臓がんの手術についてみていきましょう。 前立腺がんは、前立腺が骨盤の深い位置にあるために周囲の血管や神経を傷つかないようにおこなうためにはむずかしい手術でした。 ダヴィンチを使用することで、ロボットのアームが奥深いところまで届きスムーズな手術が可能になりました。 https://youtu.be/7smPNwfaCmI 前立腺がんの手術の7割~8割がロボット手術といわれています。腎臓がんについては評価中ですが手術件数は増えています。 あらたに保険適用された12の手術はどうなのでしょうか。いくつかの課題が指摘されています。 ◇ダヴィンチを使って保険適用の手術行うためには、有効性や安全性を確保するために手術ごとに施設基準が細かく症例数、特定の医師の数、医師の技術基準(資格)などが定められています。この施設基準をクリアする必要があります。 ◇ダヴィンチの本体価格は3億円前後、維持費は年間2~3千万円、使い捨てのアームなどの消耗品が1回の手術当たりおよそ40万円とコストが大きくかかります。 さらに、新しく保険適用となった手術は、腹腔鏡や胸腔鏡を使用した内視鏡手術と手術費用は同額とされました。病院は費用の持ち出しが起きかねません。これはロボット手術の有効性や安全性に対する確実な評価が定まっていないことにあります。 ◇ダヴィンチのメリットについて、泌尿器科分野ではすでに保険適用が認められている前立腺がんなどについては評価が定まったものがあります。 消化器外科分野では、藤田保健衛生大学病院の研究で胃切除については腹腔鏡下の内視鏡手術で生じる合併症をダヴィンチ手術では1/3にまで減らせたことが報告されました。ある程度のメリットも確認されていて取り組みは進んでいます。 ほかの分野では、積極的に取り組んでいる医療機関はありますが有効性や安全性などの定まった評価がないのが現状です。全体としてみると、取り組みが進めはじめられたというところでしょうか。 ロボット手術が、一般的に広く使われるようになるのは一部の手術を除いて、もうしばらく時間がかかるかもしれませんね。 しかし、その間に症例数が重ねられメリットや問題点が明確になり、ロボット自体も進化していくと考えられます。ダヴィンチを上回る性能でコストを抑えた国産ロボットの開発も進められています。 2年後の診療報酬改定時に、なんらかの変更がされることも考えられます。ロボット手術が広く行われるようになるのはこれからではないでしょうか。   Continue Reading ->