ウイルス学に立脚した創薬会社オンコリスバイオファーマ社 主力製品は腫瘍溶解ウイルスと腫瘍検査ウイルス

2019年1月に17日に、オンコリスバイオファーマ株式会社がアメリカのコーネル大学と「テロメラシン・抗PD-1抗体ペムブロリズマブ併用の医師主導臨床治験フェーズII」の契約を締結したとニュースが流れました。この治験は、進行性食道がんの有効性と安全性を検証するためのものです。 オンコリスバイオファーマ社は、ウイルス学(Virology)に立脚した創薬をコンセプトに「がんや重症感染症」に対する新薬の開発に力を入れている製薬会社です。 [イノベーションとファブレス経営] オンコリスバイオファーマ社は、ウイルス学の見地から「がんと重症感染症」に重点をおき、ウイルスの遺伝子改変技術を生かした新しく安全性と有効性の高い治療方法に観点を置いた創薬を目指しています。 同時に新しい検査サービスの開発にも力を入れ、これまで確立された治療法がなかった領域へのイノベーションをもたらすことをビジョンとしています。 オンコリスバイオファーマ社は、「がん及び重症感染症」などの難病について大学などの研究機関や企業から対象となる医薬品候補を導入、創薬プランを「企画、研究、開発」、製造および臨床試験をアウトソーシングして医薬品開発を行う「ファブレス経営」というビジネスモデルをとっています。 ファブレス経営の大きな特徴は、「企画、研究、開発」などに集中して投資できる、大規模な設備投資が不要、市場の変化に柔軟に対応できる、なるべく短いライフサイクルで製品化することが可能なことです。 オンコリスバイオファーマ社は、「開発途上の段階で開発および販売権を大手製薬会社へ導出、大手製薬会社が持つ開発資源や販売網を活かすことが医療にイノベーションをもたらす最短経路である」と述べています。 このようなビジョンとビジネスモデルを持っているオンコリスバイオファーマ社のパイプラインをみてみましょう。 [オンコリスバイオファーマ社のパイプラインは] ◇テロメライシン(OBP-301) Continue Reading ->

がん患者のアンメット・メディカルニーズに取り組むソレイジア社 ソレイジア社のラインアップは

がんは2人に1人がかかる時代といわれています。あなたのそばにもがんと闘っている方はいないでしょうか。がんに対しては、さまざまなアプローチから世界中で研究・開発が行われています。 このようななかから、日本及び中国を中心とするアジア諸国をターゲットに「アンメット・メディカルニーズ」に応えることを目的に設立した創薬メーカー「ソレイジア・ファーマ株式会社(以下ソレイジア社と記載)」について取り上げてみましょう。 ※アンメット・メディカルニーズとは、現在、有効な治療方法が確立されていないもしくは治療方法が限られている疾病に対しての新たな治療への必要性への期待のことを指します。 [ソレイジア社の目指すものは] ソレイジア社は、2006年12月にアメリカに医薬品開発事業の準備拠点として「JapanBridge Continue Reading ->

メドレックス社独自技術の経皮吸収型製剤 多様化する生活様式や高齢化社会に向けての取り組み

2018年12月21日に、「株式会社メドレックスが経皮吸収型製剤に関する新たな基在組成剤」について日本において特許査定を取得したというニュースが流れました。本特許はアメリカでもすでに特許査定を取得しています。 メドレックス社は、独自の技術を用いた経皮吸収型製剤に特化して研究・開発をおこなっている創薬会社です。最初に経皮吸収型製剤についてみてみましょう。 [経皮吸収型製剤は皮膚から全身へ] 医薬品の使い方には、病気や症状に応じてさまざまな種類(投与経路)があります。普段、目にすることが多いのは錠剤やカプセルなど口から飲む経口薬、シップなどの消炎鎮痛に用いる貼付剤、目薬などの点眼剤などではないでしょうか。 ほかにも、鎮痛薬などの座薬、喘息の発作止めの吸入薬、鼻づまりを抑える経鼻薬、静脈注射や筋肉注射といった注射剤などさまざま種類があります。 このなかで貼付剤には大きく2種類ものがあります。ひとつは肩こりや関節の痛みなどに用いる消炎鎮痛薬で貼った部分に局所的に作用するもの、もうひとつは薬を皮膚組織から毛細血管に移行させて全身の血流を循環することで効果を発揮する「経皮吸収型製剤」です。 経皮吸収型製剤は、多くの経口剤が体内に吸収されて肝臓を経てから全身へと送り出されますが経皮吸収型製剤は肝臓を経ることなく薬を全身へ送り届けることが可能です。 食事の影響がほとんどない、薬を長時間安定した血中濃度にすることできる、同じ成分の経口薬と比較して副作用が少ない、嚥下障害などある患者さんも使うことができる、飲み忘れが防止できるなどといったメリットが期待されています。 狭心症、更年期障害、癌性疼痛、喘息、ロキソニン消炎鎮痛薬、新しいところではアレルギー性鼻炎の経皮吸収型製剤などがあります。決して種類が多いものではなく、どのような薬でも経皮吸収型製剤にできるというものではありません。 経皮吸収型製剤を独自の技術を用いて研究・開発をおこなっているメドレックス社とはどのような会社なのでしょうか。 [メドレックス社はどんな会社なの] メドレックス社は、2002年に多様化する生活様式や高齢化社会に向けて新しい剤型(経皮吸収型製剤)の医薬品を開発することを目的に設立されました。 アメリカに、2009年10月に Continue Reading ->