第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後81~85 アルツハイマー型認知症の患者にみられる実行機能障害はどれか

続きです。   https://youtu.be/eD6YjqGr9I8?t=14         計画を立てて、順序よく物事をおこなうことができなくなることを実行機能障害といいます。手順通りにできない、自立できないことで日常生活をひとりでできなくなってしまいます。食事の準備ができない・電化製品の使い方がわからないなどがあります。 シャツを前後反対に着る・歯ブラシで髪の毛をとかそうとするのは失行といいます。体を動かせるにもかかわらず、目的を持った行動の方法がわからなくなる状態を失行といいます。 食事中の注意維持が困難になると、食事に対して注意を向け続けることができなくなり、周囲の物音や動く人などに対して気が散ってしまう場合があります。 鏡に映った自分の姿に話しかけるのは失認といいます。体の器官に問題がないにもかかわらず、五感に関係する認知能力が正常に働かなくなる状態をいいます。 よって答えは2になります。         脳神経のなかで、動眼神経・顔面神経・舌咽神経・迷走神経の4つが副交感神経を含みます。 副交感神経は、「港区(みなとく)」(Ⅲ:動眼神経・Ⅶ:顔面神経・Ⅹ:迷走神経・Ⅸ:舌咽神経)と覚えます。 よって答えは3、5になります。         糖尿病性腎症では、たんぱく質の摂取を制限します。体内の余分なたんぱく質は、尿素などの老廃物となり、腎臓でろ過されて尿から排泄されます。腎臓の機能が低下している人が、たんぱく質を摂り過ぎると、老廃物を排泄するための腎臓の負担が大きくなり、そのことが腎症の進行を早めてしまいます。 たんぱく質の摂取を減らしただけでは、摂取エネルギー量を満たすことができなくなるので、たんぱく質を減らした分は、炭水化物や脂質の比率を増やして補います。 腎症が起きると、からだに塩分が溜まりやすくなり、その結果、血圧が上昇します。高血圧は、腎症の進行を加速させる重大な原因のひとつです。このため、腎症の食事療法では、食塩の摂取も制限します。 また、腎症が進行すると、カリウムが尿中へ排泄されにくく、血液内のカリウム濃度が高くなります。カリウムを摂り過ぎると、頻脈や心不全が起きやすくなるので、摂り過ぎに注意します。 よって答えは2、3になります。         アナフィラキシーショックでは、血圧低下、頻脈、呼吸困難、気道粘膜の浮腫、全身の発疹、腹痛、浮腫などを認めます。 アナフィラキシーショックは、重症例では死に至ります。 アナフィラキシーショックは、Ⅰ型アレルギー反応です。 アナフィラキシーショックでは、アドレナリン、副腎皮質ステロイド、抗ヒスタミン薬の投与を行います。 よって答えは2、3になります。         前立腺肥大症による排尿障害のために、腎臓から膀胱への尿の流れが妨げられ、水腎症となり、腎不全になることがあります。 前立腺肥大症の外科的治療では、経尿道的前立腺切除術(TUR-P)等がおこなわれます。 直腸診で、前立腺肥大症の場合は、全体がゴムのような硬さで大きく腫れていますが、前立腺がんの場合は、石のように硬いしこりが触れます。 前立腺肥大症の薬物治療では、交感神経α1遮断薬、ホスホジエステラーゼ5(PDE5)阻害薬、抗男性ホルモン薬です。 PSA100ng/ml以上は前立腺がんを疑います。 よって答えは1、2になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 感染症法に基づく五類感染症はどれか     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後76~80 成人で、骨髄が脂肪組織になっているのはどれか

続きです。   https://youtu.be/1bzEPS4ulWI?t=26         骨の中心部は、髄腔という空洞になっていて骨髄組織を含んでいます。生まれた当初は、骨髄だけでなく肝臓や脾臓でも造血が行われていますが、小児期には、骨髄だけで造血が行われるようになります。 20歳頃になると、体温の低い四肢の骨の骨髄は、脂肪組織からなる黄色骨髄に置き換えられ、造血機能をもつ赤色骨髄は、胸骨や骨盤など身体の中心部の骨髄に限られるようになります。 よって答えは3になります。         グルカゴン Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後71~75 医療法における病院の医療安全管理体制で正しいのはどれか

続きです。   https://youtu.be/GGAEgX6zjeg?t=17           医療安全管理のために必要な研修を年に2回程度行います。 医療安全管理のための具体的方策、及び医療事故発生時の対応方法等について、指針を示さなければなりません。 特定機能病院は専任の医療安全管理者の配置します。 医療安全管理体制として全ての医療機関は、医薬品安全管理責任者の配置が義務とされています。 よって答えは2になります。         看護職は、離職時などに住所、氏名、免許番号などの事項を都道府県ナースセンターへ届け出ることが努力義務化されています。 免許取得後すぐに就職しない場合は届けるように努めます。 よって答えは4になります。         ヘルスフォーオール21とは1998年にWHOで策定され、「健康が基本的人権であること」を確認し、21 Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後66~70 診療情報の取り扱いで適切なのはどれか

続きです。   https://youtu.be/R_q5leIKSUw?t=15         リウマチなどで膝がうまく曲がらなくなったときに、便座の高さを高くするのは有用です。 今までは、問題なかった家の中での生活が危険と感じ始めたときに手すりの設置などを考慮します。要支援1から介護保険を利用して、手すりの設置、開き戸を引き戸に変えることができます。 Aさんは、日常生活は自立していて、健康のために20~30分のウォーキングができる高齢者ですが、視力の落ちた高齢者は、より明るさを必要とします。明暗に対する反応も遅くなるため、明るさの違う場所に移動すると目が慣れずにつまずく危険があります。 居室と廊下やトイレなどの照度が極端に違わないように配慮して、足元照明の利用も考えましょう。 よって答えは4になります。         労働契約法で、企業は従業員に対して生命や身体の安全を確保しながら働けるように配慮する義務があるということが明文化されています。 これを安全配慮義務と言いますが、そのうちのひとつに、適性労働義務があります。これは、労働者の病歴、持病、体調状態などを考慮した業務配置を行う義務です。 Aさんの病状を考慮した業務が、配置されるように会社の健康管理部門に相談しましょう。   よって答えは3になります。         地域包括支援センターの役割のひとつに、高齢者の権利擁護があります。 ネグレクト防止に関しては、ネグレクトを受けている本人や家族だけでなく、近所の人やそのことに気づいた人からの情報も集めます。 よって答えは1になります。         医療だけでなく、どういった仕事でもそうですが、特定の人に仕事が集中しがちです。マネジメント側の裁量でそうならないように調節しましょう。 よって答えは4になります。         診療情報の開示請求は、原則として患者さん本人がおこなうものですが、法定代理人、患者さんから開示の代理権を与えられた親族、診療契約に関する代理権を付与されている任意後見人、遺族もできます。 患者さんには、診療の情報提供を拒む権利があります。 2類感染症の届け出は、診断した医師が、最寄りの保健所にただちにおこないます。法に基づく保健所への届け出には、患者さんの同意は不要です。 他院へのセカンドオピニオンを希望する患者さんには、診療情報を提供します。 よって答えは4になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 医療法における病院の医療安全管理体制で正しいのはどれか     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後61~65 精神遅滞の原因となる疾患はどれか

続きです。   https://youtu.be/5n9I_JODZps?t=15         フェニルケトン尿症では、治療がおこなわれないと乳幼児期に大脳の神経細胞が正常に成長できなくなり、精神遅滞を引き起こします。 統合失調症、アルツハイマー病、クロイツフェルト・ヤコブ病では精神遅滞を引き起こしません。 よって答えは2になります。         睡眠時遊行症とは、睡眠中に発作的に起こる異常行動のことで、夢遊病とも呼ばれます。 ナルコレプシーとは、日中において場所や状況を選ばず起こる強い眠気の発作を主な症状とする睡眠障害です。 Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後56~60 人間の性の意義と特質の組合せで適切なのはどれか

続きです。   https://youtu.be/rB5PBrY3kFY?t=16         大島分類とは、重度の知的障害と重度の肢体不自由が合併した状態を定義づけるために考案された分類法で福祉施設の中で広く使われています。 NYHA分類は、心機能の分類で心不全の重症度を自覚症状からⅠ~Ⅳ度に分類したものです。 国際生活機能分類(ICF)は、健康状態と健康関連状況を記述するための統一的で標準的な言語と概念的枠組みを提供することを目的としている分類であり、すべての人の健康状態を全人的に把握するためのものとして開発されたものです。 Hugh-Johns分類は、呼吸器疾患患者さんの運動機能と呼吸困難からみたⅠ~Ⅴ段階の重症度分類です。 よって答えは1になります。         快楽性としての性は、生きることを楽しもうとするものです。 生殖性としての性とは、 男性と女性が親となり子どもを産み育てようとする種族の保存と繁栄のための性です。 性役割としての性とは、社会や文化が、生物学的性別からそれぞれにふさわしいとされる社会的期待を個人が内在化したパーソナリティ特性です。たとえば、日本社会において女性では化粧をして、スカートをはき、女らしい言葉遣いや態度が社会的に望まれるということがいえます。 連帯性としての性とは、人間の性の豊かさについて人間と人間の絆をふかめるものです。 よって答えは4になります。         羊水検査では、妊娠16週前後にお母さんのお腹に針を刺して羊水が採られます。それに含まれる赤ちゃんの細胞などを用いて、ダウン症候群、13トリソミー、18トリソミーなどの染色体異常の診断が可能です。ただ、ほとんどの先天性疾患を診断できるわけではありません。 診断された染色体異常を治療できるわけではありません。 合併症として流早産のリスクがあります。一般には0.1%程度と考えられています。 羊水検査は22週以降できないわけではありません。 よって答えは3になります。         新生児聴覚スクリーニング検査を空腹時に行う必要はありません。 眠っている時間が、検査を実施しやすいです。 新生児聴覚スクリーニングに使用する聴覚検査は、二つの方法があります。自動聴性脳幹反応とスクリーニング用耳音響放射で、両方とも新生児聴覚スクリーニングのために作られたものです。 タンデムマス・スクリーニング法とは、タンデム型質量分析計を利用した新しい新生児マススクリーニングのことです。さまざまな代謝異常をスクリーニングします。 聴覚障害は早期に適切な援助を開始することによって、コミュニケーションの形成や言語発達の面で大きな効果が得られるので、早期発見が重要です。1ヶ月健診までに行います。 よって答えは2になります。         リエゾン精神看護とは、精神看護の知識と技術を用いて、身体とこころをつなぐことにより、身体疾患をもつ患者さんが抱える精神的な問題や課題に対応していく看護領域です。 身体科の医師と精神科医、加えて精神科の専門知識を持った看護師、精神保健福祉士、臨床心理士など多職種と対応します。 行動制限の指示、向精神薬の処方、他科への転棟指示は医師の指示になります。 よって答えは4になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 精神遅滞の原因となる疾患はどれか     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後51~55 介護保険制度における地域密着型サービスはどれか

続きです。   https://youtu.be/wtLNIFfLl20?t=18     介護保険適用のサービスは、居宅サービス、施設サービス、地域密着型サービスというサービスに分類できます。 介護保険における施設サービスとは、介護老人保健施設、介護老人福祉施設、介護療養型医療施設に入所した要介護状態にある高齢者に対して提供されるサービスです。 通所リハビリテーションは介護保険における居宅サービスになります。居宅サービスとは、要介護・要支援者が現在の居宅に住んだまま提供を受けられる介護サービスです。 地域密着型サービスとは、介護が必要になっても住み慣れた地域で生活が継続できるように、地域ぐるみで支援するしくみです。 地域密着型サービスは、訪問・通所型、認知症対応型、施設・特定施設型に分けられます。 訪問・通所型サービスでは、自宅で暮らす要介護・要支援者を訪問あるいは施設に受け入れます。具体的には、小規模多機能型居宅介護、夜間対応型訪問介護、定期巡回・随時対応型訪問介護看護があります。 認知症対応型サービスでは、自宅から通ってきた認知症患者やグループホーム内に入居する認知症患者を受け入れます。具体的には、認知症対応型通所介護、認知症対応型共同生活介護があります。 施設・特定施設型サービスは、特別養護老人ホームや有料老人ホームに入居する要介護・要支援者を受け入れます。   よって答えは4になります。         不慮の事故による死亡の内訳をみると、0歳と1~4歳では不慮の窒息が第1位ですが、5~9 Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後46~50 慢性副鼻腔炎の手術を受けた患者に対する説明で適切なのはどれか

続きです。   https://youtu.be/W5Hm7TCYMgs?t=33         手術後は、血液が混じった分泌物が喉の奥へ流れてきます。そのような分泌物は飲み込まず、口からそっと吐き出します。 手術後は、極力ベッドで安静にして過ごします。 手術後1週間程度したら入浴は可能です。 副鼻腔は奥の方で眼窩の内側と接しています。 手術時に眼窩の近くを操作するため、眼窩周囲が腫れたり、物が二重に見えたり、視力や視野に異常が起こったりすることがあるので注意が必要です。 よって答えは4になります。         サクセスフル・エイジングとは、良い人生を送り、天寿を全うすることとされていて、生きがいや幸福な老いがその意味に最も近いと考えられています よって答えは1になります。         公的年金制度とは、日本に住む20歳から60歳未満のすべての人に加入する義務がある、国民皆年金です。 社会全体で高齢者を支えるために整備された仕組みです。 生活保護制度とは、国が生活に困窮する国民に対し、必要な保護と、自立を助長することを目的とする制度です。 後期高齢者医療制度とは、75歳(寝たきり等の場合は65歳)以上の方が加入する独立した医療制度です。 日常生活自立支援事業とは、認知症高齢者、知的障害者、精神障害者等のうち判断能力が不十分な方が地域において自立した生活が送れるよう、利用者との契約に基づき、福祉サービスの利用援助等を行うものです。 よって答えは4になります。         慢性腎臓病のステージ2は、軽度の腎機能の低下になります。エネルギー制限、塩分制限、蛋白制限を行います。 1日の塩分摂取量の目安は3g/日以上、6g/日未満になります。漬物、塩漬け食品を控えるようにし、ラーメン、うどんなどの汁は飲み干さないようにしましょう。 1日の摂取エネルギーの目安は、標準体重×25~35kcalです。Aさんの標準体重は、22×1.46×1.46=46.9㎏になります。現在50㎏なので、あわてて減量する必要はなさそうです。 たんぱく質の摂り過ぎは、腎臓に負担をかけるので、過剰に摂取しないように調節します。 よって答えは3になります。         微笑む、指をさす等で高齢者に気持ちは十分伝わります。表情豊かにジェスチャーを交えて話しかける事で、認知症高齢者との意思交流を図りましょう。 正面から話しかけることで、相手に誠実さが伝わります。 認知症の方は、会話の内容を長く覚えておくことができなくなってきます。覚えておいてもらえることをあまり期待せず、その時その時を気持ちよく過ごしてもらえるように考えを切り替えましょう。 返事がない場合や、意図的な反応が見られない場合は、介護をおこなっている自分の動きを実況中継して、言葉を途切れさせないようにすることもひとつの方法です。 よって答えは1になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 介護保険制度における地域密着型サービスはどれか     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後41~45 気管支喘息の治療で正しいのはどれか

続きです。   https://youtu.be/NgN5FaLOfc0?t=17         治療の選択で迷う理由は、さまざまです。 医師からの説明に対する理解不足、家族や周囲の人々との意見の不一致、自分で治療を決める事への戸惑いなどです。 患者さんが、治療選択するのに助けになるような対応をとりましょう。 よって答えは1になります。         関連痛とは、痛みとなる原因が生じた部位と異なる部位に感じる痛みのことです。例えば、狭心症で、心臓部の痛みを左上腕の痛みと感じることが挙げられます。 体性痛とは、皮膚や骨、関節、筋肉、結合組織といった体性組織への、切る、刺すなどの機械的刺激が原因で発生する痛みです。 中枢痛とは、中枢神経の損傷や機能障害による痛みです。 内臓痛とは、食道、胃、小腸、大腸などの臓器の炎症や閉塞、肝臓や腎臓、膵臓などの炎症や腫瘍による圧迫、臓器被膜の急激な伸展が原因で発生する痛みです。 よって答えは2になります。         テオフィリンの投与中は血中濃度の測定が必要です。 副腎皮質ステロイド薬吸入の副作用として、口の中に残ると粘膜の免疫を抑制してしまい、カンジダが増えることがあります。防ぐために、吸入後にうがいをします。 気管支喘息の治療中でもインフルエンザワクチンの接種をしても構いません。 発作時には、即効性のあるβ刺激薬を使用します。 よって答えは1になります。         腎生検を受ける際の体位は腹臥位になります。 穿刺時は息を止めて行います。 検査後は、仰臥位になり半日から一日くらいベッド上安静が必要となります。 検査後は、食事、飲水は可能ですが、仰向けを少し起こした状態で取ります。 よって答えは3になります。         糖質コルチコイドの分泌が過剰となった状態をクッシング症候群といいます。 クッシング症候群では、中心性肥満、満月様顔貌(ムーンフェイス)、高血圧、一般糖尿病症状、皮膚線条などがみられます。 眼球突出、甲状腺腫大、頻脈はバセドー病の身体所見ですね。 よって答えは4になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 慢性副鼻腔炎の手術を受けた患者に対する説明で適切なのはどれか     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後36~40 入浴時に全身の血液循環を促進する作用はどれか

続きです。 https://youtu.be/XB309spj2ck?t=22         静水圧作用とは、体にかかる水の圧力のことです。お湯の量にもよりますが、湯船で首までつかった場合、体全体にかかる力は約500㎏~1トンともいわれています。 お湯につかると、体の表面だけでなく、皮膚の下の血管などにまで大きな圧力が加わるというわけです。 よって答えは4になります。       ベンチュリーマスクでは、マスクへの酸素供給路を一部補足することで空気を取り込みます。酸素流量が5L/分以上の場合は、酸素濃度を調節することが可能です。 酸素の投与は重要だが、高濃度の酸素を投与しないほうがよい、慢性呼吸器疾患の患者さんや脳神経外科術後の患者さんに有用です。 よって答えは3になります。         筋肉内注射は、上腕部は三角筋、臀部は中殿筋、大腿部では大腿四頭筋外側広筋に行います。 点眼薬は結膜嚢に滴下します。 皮下注射を腕にする場合は、上腕伸側におこないます。 食間とは食事と食事の間のことで、食事の2時間後が目安です。 よって答えは2になります。         止血は、一時的止血法と,永久的止血法とに大別できます。前者は、出血部をガーゼなどで圧迫する方法、出血創の上部血管を指で圧迫する指圧法、四肢の大血管の出血に対して止血帯で中枢側動脈を固くしばる止血帯法があります。 後者では,止血鉗子で血管の断端をはさんで結紮糸で縛る血管結紮法、電気メスで焼灼する方法などがあります。 よって答えは3になります。         造影を伴わない検査の場合は検査直前まで飲食して構いません。 検査前にエレキバン,シップ,カイロははがします。 頭部MRIの検査中は手足を自由に動かしてはいけません。 検査前に補聴器、入れ歯ははずします。 よって答えは1になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 気管支喘息の治療で正しいのはどれか     Continue Reading ->