「アプリ」タグアーカイブ

あなたが見ているのは何色ですか? 色覚検査ができるアプリ3選

写真はイメージです。 photo by new 1lluminati 日本には色覚異常の人が300万人以上いると言われています。 色覚異常には先天性色覚異常と後天性色覚異常があり、先天性色覚異常の場合は現在の医療では治療ができません。 2003年から2016年まで学校での色覚検査が廃止されていたこともあり、自分が色覚異常であることを知らずに成人する人も多くいます。 今回は、色覚異常を体験できたり色覚検査ができるアプリを3つ紹介します。 色のシミュレータ このアプリは、色覚異常の人の見え方を体験できるアプリです。 アプリを立ち上げると左下にC,P,D,Tの4つのボタンが現れ、それぞれ Continue Reading ->

禁煙したい人に朗報 医師が開発した禁煙サポートアプリが登場

photo by Leonid Mamchenkov 喫煙はガンをはじめ、様々な病気を引き起こす要因になります。 いつまでも健康的な生活を送るためには禁煙することが必要です。 禁煙をしようと努力しているが上手くいかない、禁煙したいけど成功するまで不安だ、という人におすすめの禁煙サポートアプリが登場しました。 新しい禁煙プログラム「アスキュア」 禁煙外来で禁煙治療を受ける場合、約3ヶ月のプログラムの中で禁煙を目指す治療が行われています。 多くの人は禁煙外来で禁煙に成功しますが、中には禁煙外来で治療中は禁煙できても、治療が終了するとまた喫煙をしてしまう人もいます。 今回紹介する「アスキュア禁煙プログラム」は、これまでのように禁煙外来に通って禁煙をするのではなく、スマートフォンにダウンロードした禁煙サポート専用アプリによって禁煙を目指そうというものです。 これまでの禁煙治療では、ニコチンの身体的依存に重点を置いてサポートが行われてきましたが、アスキュア禁煙プログラムではニコチンの身体的依存の他に心理的依存もフォローするプログラムになっています。 アスキュアの内容 アスキュアは、6ヶ月に渡って禁煙をサポートするプログラムになっています。 プログラムは3つの柱によって構成されています。 ・医師が開発したスマートフォンアプリである アスキュアは禁煙指導経験が豊富な医師によって開発されました。 アプリに毎日の禁煙状況や体調、服薬状況、禁煙習慣の実践などを記入でき、このデータに基づきアルゴリズムが解析することで、個人に合った禁煙サポートを受けることができます。 ・禁煙指導員が禁煙をサポートしてくれる 禁煙が辛くなったときなど、禁煙外来での指導経験を持った指導員とチャットで禁煙指導が受けられます。 禁煙指導は初回40分、2回目以降は30分で、火曜日から土曜日の12時から20時に指導が受けられます。 ・ニコチンパッチを自宅に送ってもらえる 禁煙中のイライラなど身体的依存に対し、自宅に第一類医薬品のニコチンパッチを送ってもらえます。 アスキュア使用者の感想 実際のアスキュア使用者からは、「知りたいことがパッと画面にあらわれてとても使いやすい」や「楽しく禁煙できてとてもいいと思う」といった声や、「今まで何度も禁煙に挑戦しては失敗してきたが、このアプリと指導員さんのおかげで、自分でも驚くほど無理せず簡単にタバコをやめることができた」という喜びの声もあがっています。 アスキュアの開発に携わった看護師の徳永なぎささんは、「同じ方でも時期によってベストな方法は異なるので、対話を大切にして、禁煙を実現できるよう支援していきたいです。」と語っています。 現在は法人向けにリリースされているこのプログラム。 既に国内企業(製造業)への導入が決まっており、他にも複数の企業が導入を検討しているといいます。 多くの人がストレスなく禁煙を実現できるよう、アスキュアは今日もサポートを続けています。 Continue Reading ->

救急時に使える外国語翻訳アプリの提供を開始

  街を歩いて突然、外国人から道を聞かれたり電車の乗り換え方法を聞かれたりした経験のある人はいると思います。 そんな時、日本語と同じく無意識に外国語を理解して話せたら便利ですよね。 2020年の東京オリンピック開催に向けて増加していくことが考えられる外国人観光客に対し、より便利で安心な国になれるよう、全国の消防本部に対し救急時に使える翻訳アプリの提供が開始されました。 救急時に必要な言葉を翻訳してくれる救急ボイストラ   photo Continue Reading ->