ブロックチェーン

スポンサーリンク
医療経営

医療業界へ実際どのようにブロックチェーンは導入されるのか

医療関係のデータは、診療や投薬の記録、ウェアラブル端末からの心拍などの生体データ、介護の記録と様々です。 こうした情報は、正確な診療や請求のために改ざんがされないことが重要であり、ブロックチェーンと相性が良いです。 ブロックチェーンは、暗号化された分散型公開台帳であるという特徴があります。つまり、患者さんの医療・健康情報記録の管理という点で役立ちます。
医療経営

医療業界へのブロックチェーンの導入 ブロックチェーンのメリット

多くの医療機関は、中央管理者によるクラウド管理をおこなってきましたが、中央管理者のサーバーがダウンした際に、他端末の情報もやられてしまいます。 そこで近年、利用され始めているのが、P2P(Peer to Peer)システムによるネットワークです。これは、各端末がネットワーク上で直接的に自立性をもって接続するシステムです。 こうした権限が分散された情報の管理において、情報が改ざんされないことが重要ですが、ブロックチェーン技術は相性が良いため、利用されます。
IT

ブロックチェーン技術を応用した医療分野への取り組み

2016年3月にグーグル傘下の人工知能研究部門であるグーグル・ディープマインド社が開発した囲碁の人工知能「アルファ碁」が「世界最強の棋士」といわれる韓国のイ・セドル九段に勝ち越したのは記憶にあたらしいです。 驚異的な学習能力を...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました