「便秘」タグアーカイブ

新機序の便秘治療薬「エロビキシバット水和物(商品名;グーフィス錠5mg)」とは

便秘症は、女性や高齢者で罹患率が高い疾患で、日本においては約450万人の方が悩まされているといわれています。身近な疾患である便秘症ですが、2018年4月新たな作用機序をもつ治療薬が発売となりました。 便秘のタイプ ヒトの大腸は約1.5メートルあり、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸で構成されています。 大腸の構造 photo by illust-ac 大腸にたどり着いた食べ物のカスは、はじめは液状の状態ですが、大腸を通るうちに水分および塩類が吸収されて固形状となり、便として排泄されます。 大腸はぜん動運動により横行結腸からS状結腸へと便をスムーズに送り出しています。その後、一定量の便が直腸にたまると、仙髄の排便中枢に伝わり、排便が促されます。 便秘は、大腸そのものに障害がある、もしくは大腸の働きに異常が起きることで生じる症状で、原因によって機能性便秘と器質性便秘に分けられます。 器質性便秘は、大腸の炎症や術後の癒着、がんなどにより、腸そのものによる通過障害や排出障害で起こる便秘のことをさします。 一方、機能性便秘は、排便までの一連の流れに問題が生じている状態で、さらに弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘に分けられます。 弛緩性便秘は、結腸でのぜん動運動の低下により起こり、便をスムーズに送り出すことができないため生じる便秘です。けいれん性便秘は、結腸の一部がけいれんを起こし、正常な便の移送が妨げられることにより起こります。直腸性便秘は、排便の反射が弱くなっており、便が直腸にたどり着いても便意が起こりにくいため生じる便秘です。 便秘の治療では、食生活や運動などの日常生活の見直しや薬物療法が行われます。薬物療法では、症状により、患者さんに合った便秘薬が選択されます。(詳しくはこちらを参照) 写真はイメージです。photo Continue Reading ->

便秘型IBSの治療薬リンゼス®が販売開始

便秘がひどくて心配だから大腸カメラをしたけど、なにもなかった。そんな経験をしたことがある慢性便秘症の患者さんもいると思います。 原因のわからない便秘には、機能性便秘と便秘型の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome : IBS)があります。 機能性便秘と便秘型IBSの違い 機能性便秘には、腸の動きがよわくなる弛緩性便秘と直腸の反応が悪くなり便意を感じにくくなる直腸性便秘、腸が活発に動きすぎて便が通りにくい痙攣性便秘があります。 IBSは症状を説明できる原因がはっきりわからないにも関わらず、腹痛、腹部不快感、便通異常を繰り返している病気です。IBSには便形状に応じて、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型があります。 リンゼス®は便秘型IBSのみを適応とする国内初の薬剤 2017年3月にリナクロチド(リンゼス®)が、便秘型IBSのみを適応とする国内初の薬剤として承認・発売されました。     リナクロチドは体内では、ほとんど吸収されず、腸管の管腔表面にあるグアニル酸シクラーゼC(GC-C)受容体を活性化し、腸管内への水分の分泌を活発化させます。 国内第3相試験で、便秘型IBS症状をもつ患者さんに、プラセボとリナクロチドを12週間投与したところ、リナクロチド群では33.7%、プラセボ群では17.5%の効果がありました。 排便への効果は、比較的早期からあらわれ、腹痛や腹部不快感の改善効果は、やや遅れて認めます。 リナクロチド投与時の注意点と今後 リナクロチドは、食前投与と食後投与をくらべた際に食後投与で下痢の出現をおおく認めたため、食前投与となっています。 また、リナクロチドは湿気によわく、内服する前に包装から取り出す必要があり、1包化や分割には適していません。 便秘薬はすでに多くのくすりがありますが、それでも便秘に悩んでいる人は多いです。リナクロチドがそういった患者さんの解決の一助になるといいですね。 参照:添付文書 Continue Reading ->