「潰瘍性大腸炎」タグアーカイブ

潰瘍性大腸炎に対する日本初の泡状注腸製剤

潰瘍性大腸炎は、20才前後の若年層に好発する慢性の炎症性腸疾患です。明確な発症原因はいまだ解明されておらず、下痢や腹痛などの症状によりQOLの低下を引き起こすことから、原因の究明と新しい薬の開発がのぞまれています。 潰瘍性大腸炎の症状と薬物治療 潰瘍性大腸炎は、「主として粘膜を侵し、しばしばびらんや潰瘍を形成する大腸の原因不明のびまん性非特異的炎症」と定義されています。炎症は、肛門から口側にむけて連続的に発現するのが特徴です。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

中等度から重症の潰瘍性大腸炎治療薬ベドリズマブの承認申請

潰瘍性大腸炎は、年々患者数が増加しており、現在、日本では約17万人の患者さんが罹患していると推定されています。20代の若年層に多く発症がみられ、下痢や腹痛などによりQOLにも影響をおよぼすことから、効果的な治療法がもとめられています。 写真はイメージです。 photo by photoAC 潰瘍性大腸炎とは 潰瘍性大腸炎は、炎症性腸疾患のひとつであり、大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる疾患です。 炎症部位は、基本的に直腸からはじまり、連続的に上行へと広がっていきます。患者さんにより広がり方は異なり、炎症が直腸に限局している直腸炎型や、大腸の左側(脾彎曲部を超えない)にみられる左側大腸炎型、大腸全体に炎症がみられる全大腸炎型に分類されます。 おもに、下痢や血便がみられ、腹痛をともなう場合もあります。重症になると発熱や体重減少、貧血などの全身症状が現れることもある他、腸管からの大量出血や中毒性巨大結腸症などの腸管合併症や、口内炎や眼の炎症、関節炎などの腸管外合併症が発現することもあります。また、発症から長期経過すると大腸がんを発症するリスクが高まることも報告されています。 治療法 潰瘍性大腸炎は、症状の改善(寛解)と悪化(再燃)を繰り返しながら経過するため、治療では、炎症状態を抑えて症状をしずめ、寛解状態を維持することが目標となります。 治療は、薬物療法が基本となり、患者さんの病態に合わせて、炎症を抑える薬や免疫抑制剤、生物学的製剤が選択されます。薬物療法で上手くコントロールできない場合には、外科手術が行われる場合もあります。 薬物療法では、炎症を抑え、再燃を予防する効果のある5-アセチルサリチル酸(5-ASA)製剤が基本となり、炎症が強い場合や速やかな効果を望む場合、5-ASA製剤で効果が不十分な場合にはステロイド製剤が使用されることもあります。ステロイド製剤でも十分な効果が得られない場合や、ステロイドの中止により再燃する場合には、免疫を調節もしくは抑制する薬や、炎症性サイトカインであるTNFαの働きを抑える抗TNFα製剤が選択されます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

シンポニーに新たな適応症 潰瘍性大腸炎にも使用可能に

2017年3月、シンポニーに新たな適応症が加わり、潰瘍性大腸炎にも使用できるようになりました。 シンポニーは、国内では2011年に承認された生物学的製剤で、関節リウマチに使用されていました。 シンポニーとはそもそもどのような薬なのか シンポニーはTumor Necrosis α(TNFα)に対する抗体で、TNFαの働きを弱める作用をもっています。 TNFαは腫瘍壊死因子とよばれ、本来はガン細胞を攻撃する役割をもちますが、過剰に分泌されると炎症を引き起こす原因となります。 関節リウマチの患者では、関節でTNFαが多く作られることにより、腫れ、痛みなどの炎症や、関節の破壊が起こることが知られています。 シンポニーはTNFαが関節内で働くのを抑えることで、リウマチを改善します。 TNFαが関係している疾患は関節リウマチだけではない TNFαが関係している疾患は、関節リウマチだけではありません。潰瘍性大腸炎にも大きく関わっていると言われています。   https://upload.wikimedia.org/wikipedia/commons/9/96/Ulcerative_colitis_video.webm 潰瘍性大腸炎の解説(英語) 潰瘍性大腸炎は、大腸にびらん、潰瘍ができる炎症性疾患です。下痢や腹痛がおもな症状で、時に便に血や粘膜が混ざることもあります。 発症の原因はまだ詳しくわかっていませんが、本来、体内に入った異物を排除する免疫細胞の異常で、大腸内の自身の細胞を攻撃して炎症を起こすことがひとつの原因ではないかと考えられています。 そのため、免疫系の働きを抑える薬や炎症を抑える薬が治療に使われます。 シンポニーが潰瘍性大腸炎の新たな治療薬に 今回、適応症が追加になったシンポニーは炎症反応を抑える薬です。 潰瘍性大腸炎の腸内ではTNFαが大量に作られ、そのことにより慢性的な炎症が起こっていると考えられています。 炎症の引き金となっているTNFαを抑えることで、症状改善・維持に効果をあらわします。 シンポニーの用法、効果 シンポニーは、今までの薬では効果が不十分だった中等症から重症の潰瘍性大腸炎に使用されます。 2回目までは2週間おきに投与し、3回目以降(維持期)は4週間おきに皮下投与します。 写真はイメージです。 Continue Reading ->