「認知症」タグアーカイブ

「そーせいグループ」が認知症の治療薬の臨床試験中断を発表 認知症の新たな治療薬の今後は?

2018年9月18日に創薬ベンチャーの企業「そーせいグループ」は、ライセンスパートナーである大手製薬会社アラガン社とともに臨床試験を進めてきた「ムスカリンM1受容体作動薬HTL0018318(開発コード)」について、サルを使った長期毒性試験で予期できない毒性所見がみられたために、詳細の把握ができるまでの間は臨床開発を自主的に中断すると発表しました。 この発表は、そーせいグループ(以下、「そーせい」と記載)の株式が大きく急落するほどの大きなインパクトを与えました。今回の毒性所見は、動物実験でみられたもので臨床試験中の患者に基づくものではないとコメントしています。 そーせいグループ:Gたんぱく質共役受容体(GPCR)をターゲットに独自の創薬技術から新薬のデザインや研究開発をおこなっているバイオベンチャー企業です。提携した会社との開発や自社開発によって「中枢神経系疾患、がん、代謝疾患、その他希少疾患」などカバーしています。 -ムスカリンM1受容体作動薬HTL0018318はどんな薬なの- ムスカリンM1受容体作動薬HTL0018318(以下、「HTL0018318」と記載)は、アルツハイマー型認知症やレビー小体型認知症の症状を改善するための新薬として開発されたものです。 わたしたちの体内の神経伝達物質のひとつである「アセチルコリン」は、運動機能を司る骨格筋、心筋、内臓筋などの動きや記憶や認知などを司る脳の海馬の働き、血圧、脈拍、睡眠などに関与しています。 アセチルコリンは認知症に関与していて、「アルツハイマー型認知症」や「レビー小体型認知症」では脳内で異常なタンパク質が蓄積することでアセチルコリンが減少します。その結果、さまざまな症状が出現します。 このアセチルコリンを受け取る受容体を「アセチルコリン受容体」といいます。「ムスカリン受容体」と「ニコチン受容体」に大別されます。 ※受容体は、細胞外から何らかの刺激を受け取って細胞内で情報として利用できるように変換する仕組みを担っています。 ムスカリン受容体は、全身に分布してM1からM5までの5つのサブタイプに分かれます。 M1:脳(皮質、海馬)、腺組織、交感神経 Continue Reading ->

ビタミンCの摂取は認知機能の低下リスクを軽減する?!

高齢化にともない認知症の患者数は急増しており、現在では65歳以上の約15%が罹患していると言われています。社会問題ともなっている認知症ですが、今回、血中のビタミンC濃度が高いと認知機能低下のリスクが軽減する可能性が報告されました。 写真はイメージです。 photo by photo AC アルツハイマー病と危険因子 認知症とは、脳の神経細胞が死滅したり働きが悪くなることで、認知機能や活動能力が日常生活に支障をきたすほど失われる状態のことを指します。 認知症にはいくつかの種類がありますが、そのうち約60%を占めているのがアルツハイマー病です。 アルツハイマー病は、記憶や思考能力が徐々に障害され、最終的には単純な作業もできなくなる不可逆的な進行性の脳疾患です。 老人斑や神経原繊維変化が海馬を中心に発現し、脳の神経細胞が死滅していくことでさまざまな障害が生じます。(詳しくはこちらを参照) 詳細な原因はいまだ解明されていませんが、加齢にともなう脳の変化や遺伝的な要因、さまざまな生活習慣因子が複雑に絡み合って、発症につながっていると考えられています。 そのなかで、アポE4とよばれるタンパク質を有していることは、アルツハイマー病の危険因子となることがわかっています。 アポEは、脂質の代謝に関与するタンパク質であり、3種類の遺伝子型(アポE2、E3、E4)が存在します。 特にアポE4は、アルツハイマー病の発症に深く関与していると考えられており、日本人においては、アポE4の保有者は非保有者に比べてアルツハイマー病発症のリスクが約3.9倍になることが報告されています。 また、性差をみると、特に女性において強力な危険因子となることが知られています。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

人生の先輩 高齢者の子供返り

皆さんは高齢者の子供返りという言葉を聞いたことがありますか? 昔はしっかりしていたおじいちゃんおばあちゃん、でも長生きして歳をとるにつれて子供のようになっていく。ということなのですが、介護施設で長年働いていると子供返りをものすごく感じることがあります。実際に子供返りとはどういったことかを今回は説明していきます。 人に甘えるようになる まさに赤ちゃんにみられる行為ですが、認知症高齢者の方にもよくみられます。自分で歩くことができるのに、手を引いてくれ、体はしっかりと動かすことができるのに、服を着せてくれ。他にもごはんを食べさせてくれ、歯を磨いてくれなど、様々なことがあります。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

アミロイドベータの産生を低下させる3種の既存薬を同定

認知症は、日常生活に支障をきたす記憶力の低下や思考能力の低下など、さまざまな症状をともなう脳の疾患であり、65歳以上の方の約7人に1人が罹患しているといわれています。今後、高齢化がすすむにつれて、患者数はさらに増加することが予想されており、原因の究明と有効な治療法の開発が急がれています。 写真はイメージです。 photo by photo AC アルツハイマー病について 認知症とは,認知機能および活動能力が日常生活に支障をきたすほど失われる疾患の総称です。認知症はさまざまな疾患や病態が原因となり発症しますが、その大部分はアルツハイマー病がしめています。 アルツハイマー病は、記憶や思考能力がゆっくりと障害され、最終的には単純な作業もできなくなる不可逆的な進行性の脳疾患です。 治療により、進行を遅らせることは可能となってきていますが、現在のところ、根本的な治療法は存在しません。 症状は、患者さんによって異なりますが、初期症状として、慣れていた言葉や名前、物の置き場所を忘れるなどの認知機能の低下がみられることが多く、進行するにしたがい、記憶障害の悪化や認知機能のさらなる低下から日常生活をおくるのが困難となっていきます。 また、抑うつや徘徊、暴力・暴言、幻視、失禁、睡眠障害などの周辺症状がみられる場合もあります。高度のアルツハイマー病になると、コミュニケーションをとることができなくなり、身体の動きを制御することも難しくなるため、生活全般の日常的な介護が必要となります。 アルツハイマー病の原因はいまだ解明されていませんが、加齢にともなう脳の変化や遺伝的な要因、さまざまな生活習慣因子が複雑に絡み合って、発症につながっていると考えられています。 また、脳の障害は、症状の出る10年以上も前から始まっているとみられており、アルツハイマー病の脳組織には、アミロイド斑や神経原線維変化、神経細胞間の連結(ニューロン)の消失がみとめられます。病変は、記憶の形成をつかさどる海馬と呼ばれる構造体に広がり、ニューロンがさらに死滅するにつれて、脳は萎縮し始めます。 アミロイド斑は、アミロイドベータ(Aβ)とよばれるタンパク質の破片が蓄積される際に形成され、細胞間のシグナル伝達の妨害や、免疫細胞を活性化して炎症を誘発し、機能しない細胞を破壊することが報告されています。 通常の老人の脳(左)とアルツハイマー型認知症患者の脳(右)。アルツハイマー型認知症では 大脳皮質、海馬の萎縮、および脳室の拡大が見られるようになる。 Continue Reading ->

新オレンジプランとは? 認知症患者さん本人と家族がよりよい生活をおくれるように

平成27年1月27日、厚生労働省が推進する「認知症施策推進総合戦略~認知症高齢者等にやさしい地域づくりに向けて~」(新オレンジプラン)が策定されました。 新オレンジプランとは? このプランは今後、団塊の世代が75歳以上となる2025(平成37)年を見据え、認知症を患う人の意思を尊重し、支援できるように生まれた制度です。「住み慣れた地域で、活き活きと自分らしい暮らし続けることができる」が目標として、掲げられています。施策の中心となる7つの柱については、以下のことが挙げられています。 1.認知症への理解を深めるための普及・啓発の推進 認知症は、全ての人にとって、身近な病気であることを、普及・啓発等を通じて、改めて社会全体として確認しようという働きかけをします。 認知症を患う人を、地域で支えるために、認知症の人の視点に立って支援できる基盤を作り、認知症についての知識を持つ「認知症サポーター」の養成を行います。平成26年12月31日の時点では、5,800,329人養成されています。 2.認知症の容態に応じた適時・適切な医療・介護等の提供 早期診断・早期対応を軸に、その時の容態に、もっともふさわしい場所で医療・介護が提供される、仕組みを実現していきます。そのために、「認知症サポート医」を増やし、認知症疾患医療センターの設立や、かかりつけ医や医療従事者の、認知症対応力の向上ごを目指すための研修を行われているのです。 写真はイメージです。 photo Continue Reading ->

米国で教育年数の延長にともない認知症の有病率が低下

  高齢になるほど認知症の人の割合は高くなり、85歳以上では約3~4人に1人が認知症であるといわれています。 厚生労働省でも今後、人口の高齢化に伴い、認知症の人は年々増加していくと予測していますが、 米国で行われたHealth and Retirement Study(HRS)の最新研究結果に基づいて考えると、今後日本でも認知症の発症率が低下する可能性があります。   Continue Reading ->