秘密のチームがアップルウォッチ用血糖値センサーを開発中

 

美味しいものがたくさんある現代、ついつい味の濃いものや甘いものを食べ過ぎてしまいますよね。

健康診断で血糖値が高いと言われたことのある人もいると思います。

簡単に自分の健康状態が把握できるシステムがあったらほしいものですが、そんなセンサーをアップルの秘密チームが開発しているそうです。

show more

アップルは血糖値を把握できるセンサーを開発している

アメリカのニュース専門放送局によると、アップルは血糖値を把握できるセンサーを開発する医療用生体工学の秘密の研究チームを持っていることがわかりました。

このチームはアップルの創設者のスティーブ·ジョブズによって設けられました。

センサーの開発に成功した場合はアップルウォッチのようなデバイスを起動させることで何百万人もの糖尿病患者さんを助けることができると考えられています。

これまでも多くの会社が血糖値を調べるセンサーを開発していた

これまで多くの会社がこのような血糖値把握センサーの開発に取り組んできましたが、血液を採取せずに把握できるようにする必要があるという非常に高度な挑戦のため、いずれも失敗に終わっていました。

アップルでは、臨床現場で実現可能であることを証明する実験を行っていて、1年前には様々な医療用生体工学の専門的な企業から集められたと考えられる人々が、このチームで働いていたそうです。

この研究や開発の成功のためには数百万ドルから10億ドルもの費用がかかると言われています。

今後のデジタルヘルスへの展開

成功すれば、新しい医療研究や糖尿病患者さんの健康、そして健康の本質をめぐる新たな市場を切り開くことになります。

アップルウォッチが進化することで、今までより早く血糖異常をみつけることができるようになります。

糖尿病患者さんにとってより良い環境がうまれようとしています。

現時点で、この研究について、アップルは詳細なコメントを控えています。

参照:

http://www.cnbc.com/2017/04/12/apple-working-on-glucose-sensors-diabetes-treatment.html

show less

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。