東京都で救急通訳サービスの対応時間を拡大する

 

東京都で以前より実施されていた救急通訳サービスが平成29年5月1日以降に拡大される事になりました。

外国人が都内の医療機関を受診する際に、電話で通訳サービスを用いて受診を助けようという試みです。

[show_more more=”続きを読む”
less=”閉じる”color=”#2E9AFE”]

夜間帯、休日祝日診療の通訳対応のサービス拡大

現在英語・中国語・韓国語・タイ語・スペイン語で実施されていますが、今回からこの対応時間が拡大されます。

英語・中国語については平日17:00~翌9:00まで、休日は24時間対応に、その他については従来から変更なく平日17:00~20:00、休日は9:00~20:00までとなります。

主に夜間などのスタッフの少ない時間外診療にフォーカスしていますので、該当する外国人や医療機関方々には嬉しいサービス拡大になるでしょう。

これらのサービスを受けるには、医療機関側の事前登録が必要になってきます。

今後は事前登録なしで利用できるようにして、受診希望の外国人の方の医療機関受診のコーディネート等も行ってくれるようになると、医療機関探しから受診までがもっとスムーズに進むようになりそうですね。

参照:東京都

医療機関向け救急通訳サービスの対応時間を拡大|東京都
この度、特にニーズの高い英語、中国語について、救急通訳サービスの対応時間を、平日は午後5時から翌朝9時までに、土日・休日は24時間に拡大するとともに、利用登録制度を導入しますので、利用を希望する医療機関は、事前の登録をお願いいたします。

[/show_more]

コメント

タイトルとURLをコピーしました