第109回看護師国家試験予想問題 自宅への退院に向けて退院支援チームで相談をすることとなった 正しい対応はどれか

第113回医師国家試験からの出題です。



80歳の男性。誤嚥性肺炎、脳梗塞による左片麻痺、脳血管性認知症および仙骨部褥瘡のため入院中である。寝たきりの状態で経口摂取が困難であり、経鼻経管栄養を行っている。肺炎は抗菌薬治療により改善し、在宅医療を担当する医師に診療情報提供を行うとともに、自宅への退院に向けて退院支援チームで相談をすることとなった。正しい対応はどれか。

  1. 褥瘡チームの介入を中断する。
  2. 吸引器を自宅に準備してもらう。
  3. 看護師が胃管の挿入を家族に指導する。
  4. 主治医が退院後のケアプランを作成する。
  5. ケアマネジャーが喀痰吸引を家族に指導する。










褥創チームの介入は継続していきます。

誤嚥性肺炎を引き起こしていて、寝たきりで経口摂取も困難であり、定期的な吸引が必要になるので、自宅に吸引器を準備してもらいます。

家族が胃管の挿入をおこなうことはありません。

ケアマネージャーが、退院後のケアプランを作成します。

医師または看護師が喀痰吸引を家族に指導します。

よって答えは2になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました