「ワクチン」タグアーカイブ

南インドに生息するカエルの粘液からインフルエンザに効果のある成分が見つかった?

毎年冬になると流行するインフルエンザですが、近年では様々なタイプのインフルエンザが出現しているため、薬剤耐性のあるウイルスも存在しています。 今回、南インドに生息するカエルからインフルエンザウイルスに直接作用する可能性のある成分が発見されました。 成分の名前はウルミン   photo by Wikipedia 今回見つかったインフルエンザウイルスに効果のある成分の名前は「ウルミン」です。成分の形がインド武術のカラリパヤットで使用されるウルミという武器に似ていることからウルミンと呼ばれています。 ウルミンはヒトの赤血球には無害ですが、インフルエンザウイルスのみに効果があることが分かっています。 ウイルスに直接作用できるため、ワクチンに応用した場合は従来のウイルスの増殖を抑えるワクチンよりも効果を発揮する可能性が考えられています。 ウルミンがインフルエンザウイルスに作用する仕組み ウルミンの研究は、アメリカのエモリー大学の研究者がマウスを使って実験しました。 ウルミンは、A型インフルエンザの「赤血球凝集素(HA)」というウイルスの表面から突き出しているくぎ型のウイルスタンパク質を標的としています。 いままで、HAに対する抗ウイルス剤はHAに作用し、ウイルスが細胞内に侵入し増殖することを防ぎます。研究者たちは電子顕微鏡を用いてウルミンを観察したところ、ウルミンはウイルスの増殖を防ぐのではなく直接的にウイルスに作用することを確認しました。 なぜウルミンがウイルスに直接作用できるのか研究者たちは真相を突き止めていませんが、ウルミンがHAに結合した後、粒子の表面に静電気力を働かせて作用しているのではないかと考えています。 ウルミンの活用への期待 ウルミンは、実際に実験用のマウスをインフルエンザウイルスの感染から守ることにも成功しており、インフルエンザの抗ウイルス治療に貢献できる可能性が考えられています。 しかし、ウルミンの成分がどのように働くかまだ解明されていない点もあるため、さらに研究を続けていく必要があります。 一部の海外メディアでは「今後はインフルエンザの予防接種が必要なくなるかも知れない」とも報じていることから、ウルミンの活用に期待が高まっています。 参照:Immunity Continue Reading ->

米国ジカウィルスのワクチン 実用化に向けて第2相試験開始

  ジカ熱を引きおこすジカウィルスは2016年の初頭から南米大陸で流行り、世界保健機関(WHO)から緊急事態宣言が出される騒ぎにまで発展しました。 流行時期にリオオリンピックがあり、渡航者にも注意喚起されて印象に残っている方も多いのではないでしょうか。 ジカウィルスとは https://www.youtube.com/watch?v=oGNxGlltnOs&index ジカウィルスは蚊によって媒介されるウィルス性疾患で、感染者の8割の人には、ほとんど症状が現れず、残りの2割の人に軽度の発熱、発疹、結膜炎、筋肉痛、全身倦怠感、頭痛が現れます。 今のところ有効なワクチンや治療法は無く解熱剤の使用や安静といった対処療法が中心となります。 アメリカでジカウィルスの第2相試験が進行 アメリカ国立アレルギー・感染症研究所はワクチンの開発に伴う第2相試験をアメリカ、メキシコ、ブラジル等の11カ所の国と地域で行うと発表しました。 第1相試験では、少人数のボランティアに投与してジカウィルスのワクチンが安全で、ジカウィルスの中和抗体反応を誘導できることを示しています。 今回の第2相試験では、ワクチンの安全性とワクチンによる免疫応答の変化を評価し、ワクチンが効果的にジカウィルスの感染を防げているかを検証します。 この第2相試験は順調に進めば年内にも最初の結果が得られ、2019年には終了する見通しだと伝えています。 胎児への影響が指摘されている 紫の地域でジカウィルスの発生が確認されています。 ジカ熱については感染そのものによる死亡例はありませんが、妊娠中にジカウィルスに感染することで、胎児の小頭症といった新生児奇形のリスクと関連があると言われています。 ジカウィルスに対するワクチンの開発がすすみ、妊娠女性や新生児の健康を守り、感染の拡大を防げるのではないかと期待されます。 参照:アメリカ国立アレルギー・感染症研究所 Continue Reading ->

人に感染する鳥インフルエンザの対応について

朝ご飯に卵かけご飯を食べて、金曜日の夜は焼き鳥にビールで乾杯!という人もいるのではないでしょうか。 私たちの食生活の中で貴重な栄養源となっている卵や鶏肉ですが、近年の鳥インフルエンザの流行でそれらを生産する養鶏業者は打撃を受け、海外では人に感染する鳥インフルエンザまで発生しています。 人に感染する鳥インフルエンザの危険性と対応について、皆さんは考えたことはありますか? 2013年に初めて鳥インフルエンザの報告 鳥インフルエンザA(H7N9)ウイルスが初めてヒトへ感染した症例は、2013年3月に中国からWHOへ報告されました。 これ以後2017年3月16日までに1307例が報告されており、そのうち約3分の1の374例が死亡しています。 感染地域は主に中国本土ですが、中国本土に滞在歴がある人や、中国本土から輸入した鳥との接触歴のある台湾・香港・マカオ・マレーシア・カナダでも感染が確認されています。 鳥インフルエンザは冬に流行 鳥との接触がきっかけ おもに冬に大流行し、2013年から現在まで5つの期間に大流行しています。 感染した人の数は時期別に見ると、第1波が135例、第2波が320例、第3波が226例、第4波が119例となっています。 感染した人の年齢や性別、重症例の割合、鳥への接触歴はこれまでの流行期と変わっていないにも関わらず、2016年10月から始まった第5波がこれまでよりも流行の始まりが相対的に早く、広い範囲に発生しています。 感染者のほとんどが成鳥に接触したことがあるか成鳥市場に訪問したことがあることもわかっています。 鳥インフルエンザの症状 注意すべき点 H7N9ウイルスに感染した場合、大体3日~10日で、発熱、咳、呼吸困難、頭痛、筋肉痛、身体のダルさ、下痢、嘔吐の症状が現れ、重症の肺炎になります。 これらの症状の他に、急性呼吸窮迫症候群、横紋筋融解症、急性腎不全、ショック症状を併発します。 死亡した感染者には高齢、慢性的な肺の病気、免疫が落ちている、インフルエンザの薬であるオセルタミビルの投与が遅かったという特徴がありました。 鳥インフルエンザを疑った場合の対応 中国での鳥インフルエンザの流行に伴い、日本では2013年5月2日付の厚生労働省から、38℃以上の発熱または急性呼吸器症状があり、症状や渡航歴、鳥への接触歴などからH7N9ウイルスに感染している疑いがあると判断するよう通知がありました。 疑った場合は保健所へ情報提供を行い、保健所と相談した上で喀痰や咽頭拭い液の検体採取を行うことになりました。 今後、更なる流行や日本国内での流行も考えられますが、人から人へ感染する可能性は低いと考えられています。 対策のためのワクチンの研究も進んでいますが、もし感染が確認されている地域に渡航する場合は成鳥に接触することや成鳥市場への訪問は控え、渡航後に体調の変化が見られる場合は医療機関で渡航内容を伝えてください。 参照:国立感染症研究所 Continue Reading ->