「新薬」タグアーカイブ

便秘型IBSの治療薬リンゼス®が販売開始

便秘がひどくて心配だから大腸カメラをしたけど、なにもなかった。そんな経験をしたことがある慢性便秘症の患者さんもいると思います。 原因のわからない便秘には、機能性便秘と便秘型の過敏性腸症候群(Irritable Bowel Syndrome : IBS)があります。 機能性便秘と便秘型IBSの違い 機能性便秘には、腸の動きがよわくなる弛緩性便秘と直腸の反応が悪くなり便意を感じにくくなる直腸性便秘、腸が活発に動きすぎて便が通りにくい痙攣性便秘があります。 IBSは症状を説明できる原因がはっきりわからないにも関わらず、腹痛、腹部不快感、便通異常を繰り返している病気です。IBSには便形状に応じて、便秘型、下痢型、混合型、分類不能型があります。 リンゼス®は便秘型IBSのみを適応とする国内初の薬剤 2017年3月にリナクロチド(リンゼス®)が、便秘型IBSのみを適応とする国内初の薬剤として承認・発売されました。     リナクロチドは体内では、ほとんど吸収されず、腸管の管腔表面にあるグアニル酸シクラーゼC(GC-C)受容体を活性化し、腸管内への水分の分泌を活発化させます。 国内第3相試験で、便秘型IBS症状をもつ患者さんに、プラセボとリナクロチドを12週間投与したところ、リナクロチド群では33.7%、プラセボ群では17.5%の効果がありました。 排便への効果は、比較的早期からあらわれ、腹痛や腹部不快感の改善効果は、やや遅れて認めます。 リナクロチド投与時の注意点と今後 リナクロチドは、食前投与と食後投与をくらべた際に食後投与で下痢の出現をおおく認めたため、食前投与となっています。 また、リナクロチドは湿気によわく、内服する前に包装から取り出す必要があり、1包化や分割には適していません。 便秘薬はすでに多くのくすりがありますが、それでも便秘に悩んでいる人は多いです。リナクロチドがそういった患者さんの解決の一助になるといいですね。 参照:添付文書 Continue Reading ->

2017年3月日本で新たにAD/HDの治療薬が販売・承認  

  2017年3月新たに、小児期における注意欠陥/多動性障害(AD/HD)の治療薬「インチュニブ」が承認されました。 米国欧州諸国など世界33か国において、すでに承認されている薬であり、AD/HDの症状改善がみられています。 AD/HDはさまざまな要素がかみあっている AD/HDでは、不注意・多動性・衝動性の3つの症状がみられます。 人によって3つの症状の出方は異なり、年齢によっても症状が変化すると言われています。 小学校に入るまでにAD/HD症状が出る子供が多い傾向にありますが、大人になってAD/HDと診断されるケースもあります。 AD/HDは遺伝的な要素、環境的な要素が絡み合っていると考えられています。 現在もAD/HDの原因は、はっきりとわかっていない AD/HDの詳しい原因は解明されていませんが、脳の前頭野部分の異常が原因とする説が有力視されています。前頭野は物事の整理整頓や論理的な考えをつかさどる部分です。 前頭野が働くためには、神経伝達物質(ドーパミン、ノルアドレナリン)が伝達されなければいけませんが、AD/HDの場合、シグナル伝達が減弱して、前頭葉の働きが弱くなっていると考えられています。 また、シグナルを受ける側にあるα2アドレナリン受容体の活性化レベルが低いことも関係していると言われています。 新しく発売されるインチュニブはα2受容体に働く 従来の治療薬は、ドーパミン、ノルアドレナリンの働きを強め、前頭葉の興奮を促す薬でしたが、今回発売されたインチュニブはシグナルを受ける側に存在するα2アドレナリン受容体に働く薬です。 インチュニブがどのようにAD/HD症状を改善するのかは未だ不明なところもありますが、α2アドレナリン受容体を刺激することで弱くなっているシグナル伝達を活性化するのではと考えられています。 臨床試験ではプラセボ投与群に比べ、多動性・衝動性・不注意いずれにも改善がみられました。 インチュニブの用量・効能・副作用  インチュニブは1日1回服用するお薬です。6歳から18歳未満のAD/HD患者が適応となります。薬効成分がゆっくりと放出されるため、1回の服用で効き目が1日中続きます。 もともと、高血圧の治療薬として開発された経緯があることから、低血圧や徐脈が起こる可能性があり、注意が必要です。 また、約半数の人に眠気や1割程度の割合で頭痛がでてくることが報告されています。もし、服用していてこれらの症状がひどい場合には医師、薬剤師に相談しましょう。 Continue Reading ->

2017年新たにシャンプー型のステロイド製剤の発売開始

  2017年3月に新たに、尋常性乾癬の治療薬「コムクロ®シャンプー」が承認されました。今までには無かったシャンプータイプのお薬で、頭部の尋常性乾癬が適応症となります。 尋常性乾癬とは 病態と従来の治療薬 尋常性乾癬は、銀白色の皮膚の粉を伴った紅斑が発現します。こすれやすい肘や膝、頭部、腰周りなどに出やすい疾患です。 感染症ではないので、人にうつることはありません。命に関わることは稀ですが、周囲の人々からの視線が気になり生活の質が落ちてしまう患者さんは少なくありません。 尋常性乾癬の治療には通常、ステロイドやビタミンD3製剤が含まれた塗り薬から開始します。年々治療法が確立されて、治療の効果がみられる患者さんが増えてきてはいるものの、 頭部に症状のある患者さんの満足度は低いという報告もあります。 シャンプー型ステロイド 使い方と副作用     そこで開発されたのが、コムクロ®シャンプー(クロベタゾールプロピオン酸エステルシャンプー)です。本剤はステロイドを含む日本で初めてのシャンプータイプの薬剤です。 1日1回、本剤を症状の出ている所を中心に塗布し、15分後に泡立てて洗い流します。目や目の周囲に薬剤が付着した時には、眼障害が出る危険性がありますので、しっかりと洗い流すようにしてください。 副作用を防ぐためにも、使用後は手をしっかりと洗うこと、塗布しているときに頭部を覆わないことも注意が必要です。 コムクロ®シャンプーの効能と今後への期待 尋常性乾癬は皮膚が尋常でない速さで作られることにより症状がでてきます。また、炎症を引き起こす物質が放出されているため炎症反応が問題となってきます。 ステロイド薬はこの炎症物質の働きを抑えて、炎症を抑制する効果を発揮します。実際、コムクロ®シャンプーの臨床試験では患者の約3割に改善がみられたとの報告があります。 シャンプータイプのステロイド薬の誕生により、より多くの患者の症状改善が期待されています。適切に使用し、症状の改善を目指しましょう。   Continue Reading ->