第89回看護師国家試験午前の94番 連続携行式腹膜灌流法(CAPD)で誤っているのはどれか

連続携行式腹膜灌流法(CAPD)で誤っているのはどれか。

  1. 社会復帰が可能である。
  2. 血管確保が必要である。
  3. 家庭で実施可能である。
  4. 無菌操作が必要である。







CAPDは、患者自身で行うことができるため、社会復帰が可能である。

CAPDでは血管確保は必要ない。

CAPDは家庭でおこなえる。

CAPDは腹膜炎をおこす可能性があるため、無菌操作が必要である。

よって、答えは2になります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました