「乳がん」タグアーカイブ

乳がんの罹患率は女性11人に1人 セルフチェックと乳がん検査で早期発見を!

「ちびまる子ちゃん」の作者である漫画家のさくらももこさんが、53歳という若さで乳がんによって亡くなれたニュースが流れて驚かれた方も多いと思います。 さくらももこさんのニュースが流れてから、乳がん検査の注目が高くなったようですね。 ちびまる子ちゃん、大好きでした。心よりお悔やみ申し上げます。私も検診に行かないと。 乳腺専門医の先生のおはなしです。有名な方が乳がんで亡くなったとか治療中というミュースが出るとそのあとだけはいつも混むとのこと。そうじゃないときにも検査に行ってくださいね。 さくらももこさん以外にも、多くの芸能人や著名な方の「乳がん」であるというニュースが多いと感じませんか。 小林麻央さん、麻木久仁子さん、南果歩さん、北斗あきらさん、倍賞千恵子さん、矢方美紀さんなど名前を挙げきれないほどいらっしゃいます。 [日本の乳がん事情は] 日本で乳がんに罹患する女性は全女性の9%、約11人に1人が乳がんにかかるといわれています。年々、患者数は増加傾向にあります。 女性の全がんの中で、乳がんの罹患者数では1位、死亡者数では5位です。また、低年齢化が進んでいるともいわれています。 年代別の罹患者数をみると40代前後から急激に患者数が増加します。しかし、その一方で亡くなる方の数は減少傾向にあります。 わたしは7ミリの乳がんだったから部分切除ですみました。健康診断で要精密検査ってなったのが7月初頭。病院行って乳がんの診断、お盆に手術。とにかくスピードが命だと思います。 私は乳がんの手術をしました。さいわいにも早期でどこにも転移していなかったので助かりました。発見が遅れると大変なことになります。定期的に検査を受けましょう。 乳がんは早期に見つかれば、ほかのがんと比較して生存率が高く、治りやすいがんであることが知られています。 乳がんを早期に発見して適切な治療を受けために大事になってくるの「乳がん検査」ですよね。 マンモグラフィの前評判は「痛い」の一点張りだったので行っていませんでした。 マンモグラフィに行く暇がない・・・。友人は仕事休めないといって発見が遅れました。 乳房が引きつる異常を感じています。病院にいくのがこわいです。 乳がんの検査について、「痛い、忙しくい、怖い」などと躊躇されてしまう方も少なくないようです。乳がんの検査とはどのような検査でいつ受けたらいいのかみてみましょう。 乳がんの検査というと「マンモグラフィ」と「エコー検査」が思い浮かびますよね。「セルフチェック」も大事であるといわれています。 [まずはセルフチェックから] 小林麻央さんの追悼番組をみて気になってセルフチェックしました。しこりのようなものが。検査で乳がんとわかりました。 お風呂で胸を洗っていてゴリットした感じがしました。母と妹が乳がんでした・・・。病院で検査を受けたところ乳がんでした。 乳がんを発見のきっかけとして多いのは、患者さん自身がなんらかの異常に気がついたからということです。乳がん発見のきっかけの50%以上を占めているといわれています。 わたしはずっとエコー検査だけ受けていました。胸にしこりがあると感じて詳しく検査してもらったら乳がんが見つかりました。 私の母は乳がんでした。乳がん検診では異常はでていませんでした。痛みとしこりあるからおかしいと先生に言って精密検査で見つかりました。 1年に1度は乳がん検査をしているから大丈夫だと思っていても、次の検査のときまで乳がんが進行してしまう場合や検査でうまく拾えないという場合もあります。 そのためにも、日ごろからセルフチェックを心がけましょう。 セルフチェックは、自分のからだの正常な状態を知っておいて「普段とは違う」、「なにかおかしいという感覚」を大事ためです。過度に神経質にならないように注意してくださいね。 セルフチェックの方法には視診と触診があります。 ◇視診 小さな変化に気づくために、チェックする習慣を身につけましょう。鏡の前で両腕を下した状態と両腕を上げた状態でみてみましょう。 ・左右の乳房を見比べて大きさや形がおかしい。 ・乳房にくぼみや引きつりがある。 ・乳房に赤い発疹ができてきた、発疹が広がってきていた。 ブラジャーに血がついていた、乳頭から血がまじった分泌物がでている場合も注意して下さい。 ◇触診 月に一度、決まった日におこないましょう。生理が終わってから1週間後ぐらいがいいといわれています。閉経後は日を決めておこないましょう。 触診でしこりなどがないかチェックします。乳がんは、乳房上部の脇の下側にあたる部分に多い事が知られています。触診の方法は以下の動画を参考にしてくださいね。 https://youtu.be/Da4g_r1Mang [マンモグラフィ検査は石灰化や乳房全体の把握に] 億劫で乗り気じゃなかったけど検査。マンモグラフィは痛いと思いましたが、異常ないですっていわれてホッとしました。 マンモグラフィは、立った状態で撮影台の上に乳房を乗せて透明な板で上から圧迫して乳房を伸ばしていくつかの角度からレントゲン写真を撮ります。 触診でしこりとしてはわからない石灰化や触診で判断できないような小さなしこりなどを画像として捉えることができ、乳房全体の状態を把握することができます。 ◇マンモグラフィ検査は痛い? 先日、マンモグラフィと触診の検査をしました。女性の検査技師で撮影も手際良く、思っていたほど痛みはありませんでした。 乳がん検診のマンモグラフィがとてつもなく痛いです。プレスできるギリギリまで胸を初対面の技師の先生が手でつまんで引っ張るし・・・。恥ずかしい上に痛い検査でした。 マンモグラフィは乳房を圧迫するために痛みがでます。あまり痛みを感じない方から強い痛みを感じる方までさまざまです。 痛みと乳房の大きさとは関係ありません。乳腺が発達している方は痛みを感じやすいといわれています。 痛みをできるだけ避けるには、月経前の1週間程度は乳房が張って痛みを感じやすくなります。月経後の1週間から10日後ぐらいは乳房がやわらかい状態になるので検査が比較的楽になります。 ◇マンモグラフィが不得意なのは マンモグラフィでは乳腺も病変も白く映し出されてしまいます。そのために、「高濃度乳腺」といわれる乳腺の密度が濃い閉経前の女性の場合には病変部との識別がむずかしいといわれています。 とくに、40歳未満ではマンモグラフィの有効性が認められていません。40歳代でも70%以上の方が高濃度乳腺といわれています。 また、病変と周囲の正常乳腺組織が重なってしまうと判断できない場合があります。 [エコー検査は乳腺と病変の識別に] エコー検査は痛みもないので2年続けて受けていました。3年目の検査で左の胸に黒い影・・・。マンモグラフィでははっきりわからず病理検査。結果は初期の乳がんでした。 エコー検査は、超音波を発生するプローブと呼ばれるセンサーを乳房にあてて、はね返ってくる音波を画像化して診断する検査です。 超音波ではマンモグラフィ検査とは異なり、乳腺は白く、がんが疑われる病変は黒く映し出されます。乳腺と病変の識別が比較的容易に行えます。 乳腺と病変の区別がつくので、比較的に高密度乳腺の女性の検査に用いられます。 ◇エコー検査が不得意なのは 乳房が大きくて深部まで超音波が届かない方は十分に検査ができない場合があります。 乳房全体の把握や微小な石灰化の検出が困難です。また、検査技師の技量よって結果が左右されてしまうことがあります。 [ほかの検査方法はないの?] 乳がん検査ももっと楽な方法が発明されて欲しいです。 マンモグラフィやエコー検査以外に、乳がんを発見するための検査方法がいくつかあります。最後にコラムとしてまとめておきましたので興味がある方はご覧ください。 また、ほかの検査で異常があって詳しい検査を行う場合や乳がんの術前検査でがんの広がり方などを特定するために、「MRI検査」を行うことは比較的多くみられます。 必要に応じて、血液検査や遺伝子検査なども行われる場合もあります。 [乳がん検査を受ける時期はいつがいいの] 厚生労働省では、「40歳以上で2年に1回のマンモグラフィ」を推奨しています。 多くの自治体では、この推奨レベルをふまえて40歳以上の女性に2年ごとに無料クーポンなどを配布しています。 2年に1回で大丈夫なの、40歳前の人は検査しなくて大丈夫なの、マンモグラフィだけで十分なのなどいろいろと考えてしまいますよね。 マンモグラフィもエコー検査もどちらも受けた方が良いと思います。わたしはマンモグラフィで問題なしといわれてきましたが、エコー検査を受けたところがんが見つかりました。 同級生で主婦の友達はあまり乳がん検査を受けていないことにびっくりしています。わたしは前職では30歳から任意で検査できたので、ずっと乳がんの検査受けています。マンモグラフィよりエコー検査と言われたこともあって毎年交互に検査しています。 40代になったらマンモグラフィとエコー検査を受けるのがベターと聞いて、年1回の検査を受けていたので早期発見ができました。 マンモグラフィとエコー検査を併用すると安心な気もしますよね。東北大の研究結果では、マンモグラフィとエコー検査の組み合わせで乳がん発見率が1.5倍になったと報告されています。 どのような検査を受ければいいのかは、年齢や体質によって変わってきます。検査の「目安」をまとめてみました。参考にしてくださいね。検査の頻度はできれば年1回もしくは2年に1回といわれています。 30歳未満 30歳代 40歳代 50歳代以降 セルフチェック ○ ○ ○ ○ エコー検査 不要 ○ ○※1 △※2 マンモグラフィ 不要 不要 ○※1 ○ ※1:40歳代では、エコー検査とマンモグラフィの併用か交互に。※2:50歳代以降では、原則としてマンモグラフィのみ。補助的にエコー検査も併用。 人によって乳房の状態はさまざまです。家族に乳がんの方がいると体質や生活環境が似ているので乳がんになりやすいといわれています。遺伝性の乳がんも知られています。 年齢にかかわらず個人差があると考えておくといいでしょう。お医者さんと相談してご自身が納得できる検査を受けてください。 乳がんは、検査だけではなく日ごろのセルフチェックが大事なことです。もし、ご自身の乳房に異常を感じた場合には、「乳腺科」、「乳腺外科」、「外科」を受診してくださいね。   ミニコラム:マンモグラフィやエコー検査以外の検査方法はなに これらの検査については、機器を導入している医療機関は限られており、検査によっては費用が高額になります。 ◇PET-CT PETという方法で全身のがんの位置を特定してCTで撮影する方法です。がんの広がり方やほかの部位への転移を調べることができます。 ◇3Dマンモグラフィ(トモシンセシス) マンモグラフィより細かいスライスで画像の撮影をおこないます。画像を三次元処理することで乳房の状態を細かく確認することができます。乳腺が発達している人や乳腺の影にかくれた病変の発見なども可能です。 ◇PEM(乳房専用PET) PET検査を乳房用に特化したものです。PEM-CTよりも微細な病変を高い確度で発見することが可能です。ほかの検査ではシリコンの影響を受けてしまう豊胸手術をおこなった方でも影響を受けずに検査することができます ◇ABVS(乳房自動スキャン超音波装置) スキャナーのように動いて乳房全体のエコー画像データを撮影します。検査技師の技量に左右されることがありません。撮影した画像を保存して、画像を加工することで縦や横から細かく診断することが可能です。 これら以外にも検査方法はあります。また、新たに開発中の検査方法もあります。   Continue Reading ->

パルボシクリブ 「手術不能または再発乳がん」の適応で承認

乳がんは、早い段階で発見できれば予後が良く、5年生存率は9割をこえるといわれています。しかし、進行または再発の乳がんは、現代の医療をもってしても治癒が困難であり、有効な治療法の開発がすすめられています。 写真はイメージです。 photo by photoAC 乳がんに対する薬物療法 浸潤・転移がみられる進行または再発乳がんは手術が困難となることも多く、目にみえない小さな転移をともなう可能性も高いことから、からだ全体に効果が期待できる薬物治療が中心に行われます。 乳がんの薬物療法では、ホルモン受容体(HR)やHER2発現、がん細胞の増殖活性を検査し、がん細胞のサブタイプに適した療法(化学療法、ホルモン療法、抗HER2療法)が選択されます。 化学療法では、複数の抗がん剤を併用もしくは順番に使用し、がん細胞の根絶を目指します。現在、臨床では、たくさんの抗がん剤が使用されており、おもに、プラチナ製剤やトポイソメラーゼ阻害薬、代謝拮抗薬、アルキル化薬、微小管作用薬とよばれる薬が使われています。 ホルモン療法は、HRが陽性の患者さんに対して行われます。がんの増殖を促進するエストロゲンの働きを妨げる、もしくは生産を抑えることで、がん細胞の増殖を抑制する方法です。閉経の有無により治療薬は異なりますが、抗エストロゲン薬やLH-RHアゴニスト製剤(閉経前)、アロマターゼ阻害薬(閉経後)がもちいられます。 抗HER2療法は、HER2陽性の患者さんに適する治療方法です。HER2タンパクに結合し、がんの増殖を抑える作用のある抗HER2ヒト化モノクローナル抗体が使用されます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

BRCA変異陽性転移性乳がんに対するオラパリブの効果

現在日本では、新規に乳がんと診断される患者さんが、年間約9万人います。その中でも、5~10%の患者さんは遺伝的な要因が発症に深く関係しているといわれています。BRCA遺伝子の変異も遺伝性のリスク要因のひとつです。 しかし、変異があることにより発症リスクが高くなることは知られていたものの、BRCA変異陽性乳がんの有効的な治療方法は少なく、新しい治療薬の開発が求められてきました。 BRCA変異と乳がん BRCAはDNAの修復に関わるがん抑制遺伝子であり、変異があることにより、卵巣がんや乳がんの発症リスクが高くなることが知られています。BRCA変異がなく、家族にも乳がん既往歴のみられないひとに比べて、BRCA変異をもつひとは、6~12倍もの乳がん発症リスクがあると報告されています。 BRCA変異陽性の乳がんは、若年で発症する傾向があり、その他にも、エストロゲン受容体、プロゲステロン受容体、HER2の発現がないトリプルネガティブの乳がんを発症しやすいことや、両方の乳房にがんが発症するなどの特徴が挙げられます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

2つの抗HER2抗体薬の併用が乳がんの予後にあたえる影響について

現在日本では、乳がんが女性のがん罹患率1位となっています。乳がんに、罹患する女性の割合は増加の一途を辿っており、年間6万人以上が乳がんと診断されているといわれています。 早期に治療を行えば予後が比較的良いとされるがんですが、それでも命をおとす方が少なくありません。そのため、より効果的で安全性の高い治療法の確立を目指して、研究がすすめられています。 乳がんの分類 乳がんのほとんどは乳房に存在する乳管に発生します。乳がんの状態は、組織型、ステージ、サブタイプによって分類されます。 組織型による分類では、乳管にがんが留まっている非浸潤がん、乳管からでて周りの組織に広がっている浸潤がんに分けられます。 乳がん photo Continue Reading ->

小林麻央さん-がんと闘う、そして、旅立つ・・・

[麻央さんの訃報] 元フリーアナンサーであった小林麻央さんが、34歳という若さで亡くなったのが2017年6月22日。このニュースは、日本中を駆け巡り、大きな衝撃が走りました。旅立つ前の言葉が「愛している」。 いろいろなメディアで取り上げられており、麻央さんが赤裸々に生きる証をつづったamebaブログの「KOKORO」は、多くの人の共感、応援を得るとともに励みになった人も多いでしょう。筆者も、長年、病気を患っています。学ばされることばかりです。 麻央さんがブログを始めたのは2016年9月1日。お医者さんの「がんの陰にかくれないで」とう言葉を前向きにとらえ、「同じがんに悩む人へ」というコンセプトから書き始めたはじめたものです。 今回は、麻央さんの闘病に焦点をあて、見ていきます。 お断り ・麻央さんの意志を尊重するために、麻央さんのブログから、麻央さんの言葉を、多く、引用しています ・意味を損なうことがないような原文の一部分の削除及び要約、改行の削除、句読点の付加など加工しています。 [人間ドック、精密検査、がん宣告] 人間ドックと精密検査(2014年2月) 海老蔵さんと一緒にいった人間ドックの超音波検査で「左乳房に腫瘤があります。なるべく早く、病院へ行ってください」、がんの可能性は「五分五分」と言われます。 麻央さんは、大きな病院で、マンモグラフィーによる精密検査を受けます。 診察結果は「授乳中のしこりなので心配ないです。念のため半年後に診てみましょう」。生検の必要はないか確認したところ、必要ないと言われています。 再度の精密検査(2014年10月) 半年後の2014年8月は多忙のため、再検査には行くことができずに、2014年10月に「息子と遊んでいたときのこと、何気なく、左の乳房を触りました。どきっ。いきなり本当にパチンコ玉のようなしこりに、触れたのです。心臓が音をたてました」、「だんだん、おもちゃの音も、息子の声も、遠のいていきました」。その場で、病院へ予約を入れます。 再度の診察で、先生が触診し「大丈夫だと思いますよ。超音波でみてみましょう」と超音波検査。 「超音波で診ていた先生が一瞬、厳しい顔つきになりました。脇のしこりには気付きましたか?」、「とにかく、生検をした方が早いですから」と生検へ。 生検とがん宣告 生検した女性の医師から子供がいるか聞かれます。「母は強いですからね。乳がんは、長い付き合いなので、ゆっくりがんばりましょう」、がんの可能性を聞いたところ95%がんであるとがん宣告に等しい話があり、「子供の顔が浮かび、ポタリと涙が流れた」。 どんな顔して、家族に言えば良いのだろう。帰れなくて、ふらふら歩いた。ふらりとお店に入り、ジェノバパスタを頼んだ。ソースが少ない、パッサパサのパスタ。 なんて、まずいのだろう。涙を流すには丁度良い味だった。まずい。まずい。まずい。まずい。涙が止まらなかった お店から出て見上げてみた空は、いつもと何ら変わりない色だった。歩いて、歩いて、家の前まで来た。公園帰りのパパ、娘と息子が遠くに見える。娘が、私に向かってはじける笑顔で走ってくる。パパも笑っている。 飛び込んできた娘と、遅れてたどり着いた息子を抱きしめながら、この子たちのママは私ひとりなんだという喜びと怖さに、心がふるえた。「絶対治す!」と誓った。 生検の結果 生検から10日後、がんの告知を受けます。「この時点では、まだ脇のリンパ節転移のみだった(その後、肺や骨などに転移あり)」と明かしています。 麻央さんのように35歳未満で罹患する乳がんを「若年性乳がん」といいます。若年性乳がんは、全乳がん患者の2.7%と非常に少ないものです。特に、妊娠、授乳期の場合、見過ごされることが多く、発見時に、がんが進んでいることは珍しくありません。また、予後が不良であることが知られています。 [がんが公表される] 2016年6月9日、海老蔵さんが記者会見で、「進行性のがん、単刀直入に言うと乳がんです」、「進行具合は、かなりスピードの早いもの」、さらに、「手術に至らなかったので、抗がん剤治療ということでご理解いただきたい」と発表しました。 この会見が、麻央さんの「あるきかっけ」になったことを、のちに、ブログで語っています。 2016年10月に、海老蔵さんが、早かったら春、夏までは絶対無理だったと思っていた。しかし、もうすでにこの時点ですごいことが起こっていると真剣な表情で伝えています。6月の会見時には、非常に深刻で、危険な状態であったことがわかります。 [麻央さんの闘病生活] 2016年9月1日から、麻央さんはブログを始め、最初の記事は「なりたい自分になる」。 トップページの写真は、麻央さんらしい清楚な「白いマーガレット」です。 小林麻央です。 今日から、ブログを書くことにしました。家族はとても、驚いています。素晴らしい先生との出会いに、心を動かされました。その先生に言われたのです。 「癌の陰に隠れないで」 時間の経過とともに、がん患者というアイデンティティーが私の心や生活を大きく支配してしまっていたことに気がつきました。 元気になったら、元の自分や生活に戻れるのだから、それまでは、誰にも知らせず、心配をかけず、見つからず、と思ってきました。 乳がんであることが突然公になり、環境はぐるぐる動き出しました。そこで、これまで以上に病気の陰に隠れようとして、心や生活をさらに、小さく狭いものにしてしまいました。これは自分自身のせいです。   私は、力強く人生を歩んだ女性でありたいから、子供たちにとって強い母でありたいから、ブログという手段で、陰に隠れているそんな自分とお別れしようと決めました。 こんな自分勝手な情けない理由で、ごめんなさい。 この時期、「随分前の写真ですが、抗がん剤で髪が抜けるので、試してみたウィッグです」、「今は、抗がん剤のタキソールの投与を続けてきましたが、副作用で、指先の痺れが強くなってきました」など抗がん剤に関連する記事をアップしてます。主に、抗がん剤による治療が行われていたのでしょう。 QOLのための手術(2016年10月1日) 痛みなどのストレスを緩和や身体の機能改善をすることが目的とした思われるQOL改善のための手術を受けます。 根治手術ではなく、局所コントロール、QOLのための手術です。 まわりの皆は、ここまでこられたことが奇跡だと言ってくれますが、奇跡をここでは使いたくないです。 奇跡はまだ先にあると信じています。 QOLの手術後は、抗がん剤を休止しています。また、術後のリハビリをしています。 「術後、抗がん剤をお休みしています。FECや Continue Reading ->

乳がん初期治療後のトラスツズマブの効果

(C)Hipohige.com 現在、がんは日本での死亡原因トップとなっています。早期発見や医療技術の進歩により生存率は伸びてきてはいますが、それでもがんにより苦しむ人たちは数多くいます。 男女によりがんの発症しやすい部位は異なり、女性では乳房、男性では胃がんの罹患率が高いと報告されています。 女性に多い乳がんですが、最近では早期発見や治療薬の開発により、進行度合いによりますが、比較的予後のいいがんと言われています。 乳がんの特徴 乳房は母乳をつくる腺房とそれを運ぶ乳管(乳腺)や脂肪組織などからなっています。乳がんは乳管に発生することが一番多いことが知られています。 皮膚表面に近いところに発生するため、自分で触れたり観察したりすることで発見できる場合があり、早期発見にはセルフチェックや定期的な検診が大切となります。 早期に発見した場合、他のがんに比べて生存率は高い傾向にあります。しかし、乳がんは転移しやすいがんという一面ももっています。 比較的早い段階からがん細胞が血液やリンパ液にのって他の臓器(肺、骨、肝など)に転移する場合が多いと言われています。乳がんの状態や転移しているかなどによって5つのステージに分けられ、それぞれの症状に応じた治療が行われます。 乳がんの治療 乳がん治療の基本は手術になります。術式も数種類あり患者さんと医師の相談のもと選択されます。手術の後は放射線治療や薬物治療を用いて再発の防止をはかっていきます。 場合によっては手術のまえに薬物療法を行う場合もあります。薬物治療としては抗がん剤やホルモン剤、分子標的薬があり、患者さんに合った薬剤が選択されます。 その中でも今回注目するのが、分子標的薬であるトラスツズマブ(商品名;ハーセプチン)です。乳がん患者さんの中にはHER2(human Continue Reading ->