「気管支喘息」タグアーカイブ

喘息とCOPDの合併症-ACOってなに

[ACO-喘息とCOPDの合併症] 息苦しさ、咳、痰などの似たような症状が共通する「喘息」と「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」。しかし、喘息とCOPDでは発生原因、症状の現れ方、治療方法、予後など異なる点がいろいろとあります。 似てるようで異なる喘息とCOPDが合併してしまう「ACO(asthma COPD overlap)-喘息COPDオーバーラップ」と呼ばれる病態があります。 ACOはおもに40歳代以降からみられ、とくに高齢者に多くみられます。COPDの患者さんでACOの方は20%~50%、喘息の患者さんの中でCOPDの方は20%~30%と報告されています。 最初に喘息とCOPDについてみていきましょう。 [喘息とCOPDとは] 喘息とCOPDは広く知られている病気ではないでしょうか。簡単に整理してみましょう。 -喘息- 喘息は花粉、ダニ、ハウスダストなどによるアレルギー性のものと運動、風邪などの感染症、大気汚染など非アレルギー性のものがあります。気管支が可逆的(元に戻る)に狭窄する気道の慢性炎症性疾患です。 「ゼーゼー、ヒューヒュー」といった喘鳴、激しい咳が出る、呼吸が苦しくなるといった症状が現れます。年代に関係なく発症し気道の狭窄により命にかかわることもあります。 -COPD- COPDは主に喫煙や職業上で有毒物質に長年にわたりさらさせることでゆっくりと進行していく疾患です。咳、痰、からだを動かしたときに息切れといった症状が現れます。 気道の閉塞や肺の肺胞という組織が破壊される肺気腫の状態になり治療で元に戻ることがありません。重度になると呼吸不全を引き起こします。 -喘息とCOPDの特徴は- 喘息とCOPDの特徴を簡単にまとめてみました。   喘息 COPD 発症年齢 子供の時に発症することが比較的多いがどの年代にもみられる。 40歳以上から。とくに高齢者に多い。 喫煙や有害物質の暴露 必ずしもあるわけではない。 ほとんどの場合にみられる。喫煙が多い。 呼吸器症状の現れ方 一日の中や特定の期間内で症状の変化がある。夜間や早朝に悪化する。 持続的な症状がみられる。特にからだを動かしたときに悪くなる。喘息のような変動はまれ。 症状の収まり方 自然もしくは治療で症状が改善される。 治療の有無にかかわらず慢性的にゆっくりと症状がすすむ。 胸部X線、胸部CT 通常は問題ない。 肺の過膨脹や特徴的な気腫病変など異常所見がみられる。 寛解もしくは治癒 治療により期待ができる。場合によっては気道粘膜が肥厚化して元に戻らないことがある。 治療を行えば進行を遅らせることができるが治癒は難しい。 合併症 アレルギー性鼻炎を代表するアレルギー疾患など。 心疾患、肺がん、骨粗しょう症など。 このような喘息の特徴とCOPDの特徴を両方持っているのがACOです。ACOについてもう少し詳しくみてみましょう。 [ACOはどのような病気] ACOは喘息とCOPDが同時に発症するということではなく、たとえば喘息の方で長期間の喫煙歴があってCOPDを発症する場合やCOPDの方がなんらかのアレルギー感作を起こし喘息を発症するといったことがみられます。 喘息の患者さんは、気道過敏性の亢進(刺激によって容易に気管支が過敏に反応すること)や肺の発育が健常人より劣ることが報告されていて、COPDになる危険因子を持っています。 COPDの患者さんは肺気腫によって気管支が過敏に反応して咳だけの軽い喘息症状であっても気がつかずに経過して喘息が顕在化してくるなど喘息とCOPDはお互いに発症する危険因子が高いといわれています。 喘息とACOの両方の疾患の特徴を持っている患者の存在は目新しいことではなく以前より知られていましたが、同じような症状を示す喘息とCOPDからACOの診断は難しいといわれていました。 喘息の治療とCOPDの治療は異なります。ACOの場合には喘息とCOPDの両方を考慮した治療が必要になります。喘息、COPD、ACOのそれぞれを区別して考える必要がありますよね。 このような中、2017年末に日本呼吸器学会は「喘息とCOPDのオーバーラップ診断と治療の手引き」の中でACOの診断手順を明らかにしました。 診断手順では喘息の特徴を4項目、COPDの特徴を3項目として喘息、COPD、ACOをそれぞれ診断できるように作れていています。 特徴的なのは専門医でなくて使いやすいように特徴的な項目を絞り込んだことです。喘息では4項目中2項目、COPDでは3項目中1項目、ACOは両方の条件を満たすものとしています。 診断項目 喘息 1.変動制の発作 2.喘息の既往歴 3.呼気中の一酸化炭素濃度 4.アレルギー性鼻炎の有無、気道の可逆性、血液検査結果など COPD 1.喫煙歴など 2.胸部CTでの異常の有無 3.肺拡散機能検査結果 注:喘息と診断されるのは1から3のうち2項目もしくは1から3のうち1項目と4のいずれか2項目があてはまった場合です。 ACOを単独の喘息やCOPDと比較してみましょう。 ・ACOは空気の通り道である気道や気管支が狭くなり息をうまく吐き出せなくなる気流閉塞が発作的かつ持続的に発生するためにQOLに大きな影響をもたらします。 ・ACOは憎悪しやすさや重症化しやすさが2倍と高くて呼吸機能の低下が速いことも知られています。 診断手順が整理されたことで、より適切な治療を受けられるようになることが期待されます。 喘息もCOPDも命に影響を及ぼす可能性がある病気です。とくに40歳以上の方で気になる症状があればお医者さんを早めに受診しましょう。   Continue Reading ->

気管支喘息と体型の関係からみえてくる一つの答え

○気管支喘息とは 気管支喘息とは、気管支が慢性の炎症により狭くなったり、過敏な状態になることで、発作性の呼吸困難や咳・痰を生じる病気で、その背景にはなんらかのアレルギーが関与していると考えられています。 治療としては、狭くなった気管支を拡げる薬や、狭くなる原因のもとになる炎症を抑える薬を内服することで治療します。現在の治療では、炎症をおさえる吸入ステロイド薬を中心として治療が行われています。 ところで、喘息には、いくつかの原因が指摘されていますが、そのなかでも、体型に関しては以前から多く報告されています。今回は、そんな気管支喘息と体型に関するお話です。   写真はイメージです。 Continue Reading ->

ベンラリズマブの高い有効性が期待できる因子とは?!

近年では、個々人の遺伝子発現や、薬の効果を期待できる予測因子の解明が進んできており、患者さん一人一人にあった医療が受けられるようになってきています。 そのような状況のなか、今回、ベンラリズマブのより高い効果が期待できる予測因子が報告され、患者さんに適した治療薬を選択する際の手助けとなることが期待されています。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

重症気管支喘息へのベンラリズマブ投与が経口ステロイド減量に有用

近年、治療薬の進歩とともに気管支喘息の治療もより良いものへと発展しています。年々、喘息治療のために入院する患者さんは減り、喘息による死亡数も減少しています。 いっぽうで、気管支喘息の治療は長期間にわたることもあり、特に症状の重い喘息に対する治療では、経口ステロイドを多く内服していることが課題となっています。 そもそも気管支喘息とは 気管支喘息とは、空気のとおりみちである気道に、慢性的な炎症が起こり、気管がせまくなったり、過敏な反応を引き起こす病気です。わずかな刺激に反応して、呼吸困難や咳を生じます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

イマチニブによるKIT阻害が難治性気管支喘息に及ぼす影響

写真はイメージです。photo by DenisenFamily 現在、日本には気管支喘息に罹患している患者さんが数百万人いると言われています。気管支喘息というと子供が発症するイメージがありますが、大人になって初めて発症する場合もあり、年代問わず発症する可能性のある疾患です。気管支喘息の発症人数は年々増加傾向にあり、今後さらなるメカニズムの解明および治療の開発が望まれています。 気管支喘息 病態と治療 気管支喘息では、気道の過敏性亢進を伴う慢性炎症がみられます。 気道に炎症が継続して起こり、刺激に対して過敏になることで、少しの刺激に反応し発作的に気道が狭くなります。このことにより、呼吸困難や喘鳴、咳症状が発現します。 どのように気道に炎症が起きるのかについては、いまだはっきりとはわかっていませんが、アレルギー反応により発症する場合とそうではない場合に分けられると言われています。 発作を繰り返すと、気道の内側が傷つき、不完全な修復(リモデリング)が不可逆的に進行すると言われています。リモデリングが起こると気道が常に狭まった状態となり、発作が出やすくなるだけではなく、薬も効きづらくなることが知られています。 気管支喘息では、発作が起きてから薬を使うだけではなく、炎症をしっかりと抑えてリモデリングを起こさないように長期的に治療でコントロールすることが大切になります。 気管支喘息の治療は主に薬物療法を行います。基本的には抗炎症作用の強い吸入ステロイド薬が第一選択となりますが、症状によりテオフィリン製剤、長時間作用型β2刺激薬などの気管支拡張薬を組み合わせて使用することもあります。また多くの場合、発作が起こった場合の対処として短時間作用型のβ2刺激薬が一緒に処方されます。 気管支喘息では発作が起きないよう症状をコントロールすることが必要であり、症状がなくても医師の指示通りしっかりと継続して治療を行うことが大切です。 難治性気管支喘息の治療 多くの患者さんは吸入ステロイドなどの治療薬によりコントロールができますが、中には治療を行っても発作を頻回に繰り返したり、息切れがみられたりと生活に支障をきたす難治性気管支喘息の患者さんもいらっしゃいます。難治性気管支喘息患者さんの場合、ステロイド投与を行っても気道内にマスト細胞が存在し続けることが確認されており、マスト細胞がコントロール不良、QOL低下に関与することが有力視されています。 しかし、難治性気管支喘息のメカニズムはいまだ不明なところも多く、詳細なメカニズムの解明が求められています。 そこで、2017年5月に発表された論文「KIT Continue Reading ->

乳幼児期にカビと湿気にさらされると16歳までに喘息と鼻炎を引き起こす可能性が高くなる

(C)Hipohige.com カビや湿気のある環境で乳幼児期に育つことと幼児期のアレルギー疾患は関連があるとされていますが、その影響が思春期にまで続くのかどうかは明らかではありませんでした。 2016年にスウェーデンで、幼児期の環境と喘息、鼻炎に関する研究が発表されました。 研究方法 1994年2月と1996年1月にストックホルムに生まれた子どもたちを対象に、16年間に渡って追跡調査を行いました。 乳幼児期にカビと湿気にさらされた環境で育つことが喘息や鼻炎になりやすいのか、アレルギー反応が出やすくなるのかを調べた研究です。 3798人の子どもに、生後2ヶ月の屋内環境、親子を取り巻く環境と行動に関するアンケート調査を実施し、その後の経過を1、2、4、8、12、16歳のときに調べました。 そのうちの3293人から4、8、16歳のときに血液サンプルを取り、アレルギー反応があるかどうかとその反応の種類について調べました。 乳幼児期の環境が喘息と鼻炎を引き起こす? その結果、次のようなことが分かりました。 ・乳幼児期にカビまたは湿気にさらされることは、16歳までに喘息を発症することと関連がある ・カビのにおい、目に見えるカビは鼻炎の発症と関連がある ・思春期に再び、カビまたは湿気にさらされてもアレルギー反応を引き起こすことはない ・週に1回以上発作がおこる持続性喘息と関連がある 乳幼児期にカビと湿気にさらされることは、16歳までに喘息と鼻炎を引き起こす可能性を高くするということが分かりました。 特に注目すべき結果は、幼い頃にカビや湿気にさらされることは、思春期に持続的喘息を発症することと深い関係があると分かったことです。 こどもの将来の健康のためにも、乳幼児期の生育環境を整えてあげることが大事そうですね。 参照:Allergy Continue Reading ->