気管支喘息

スポンサーリンク
呼吸器内科

喘息とCOPDの合併症-ACOってなに

息苦しさ、咳、痰などの似たような症状が共通する「喘息」と「COPD(慢性閉塞性肺疾患)」。しかし、喘息とCOPDでは発生原因、症状の現れ方、治療方法、予後など異なる点がいろいろとあります。 似てるようで異なる喘息とCOPDが合併してしまう「ACO(asthma COPD overlap)-喘息COPDオーバーラップ」と呼ばれる病態があります。
呼吸器内科

気管支喘息と体型の関係からみえてくる一つの答え

○気管支喘息とは 気管支喘息とは、気管支が慢性の炎症により狭くなったり、過敏な状態になることで、発作性の呼吸困難や咳・痰を生じる病気で、その背景にはなんらかのアレルギーが関与していると考えられています。 治療としては、狭くなった...
呼吸器内科

ベンラリズマブの高い有効性が期待できる因子とは?!

近年では、個々人の遺伝子発現や、薬の効果を期待できる予測因子の解明が進んできており、患者さん一人一人にあった医療が受けられるようになってきています。 そのような状況のなか、今回、ベンラリズマブのより高い効果が期待できる予測因子が報告さ...
呼吸器内科

重症気管支喘息へのベンラリズマブ投与が経口ステロイド減量に有用

近年、治療薬の進歩とともに気管支喘息の治療もより良いものへと発展しています。年々、喘息治療のために入院する患者さんは減り、喘息による死亡数も減少しています。 いっぽうで、気管支喘息の治療は長期間にわたることもあり、特に症状の重い喘息に...
呼吸器内科

イマチニブによるKIT阻害が難治性気管支喘息に及ぼす影響

写真はイメージです。photo by DenisenFamily 現在、日本には気管支喘息に罹患している患者さんが数百万人いると言われています。気管支喘息というと子供が発症するイメージがありますが、大人になって初めて発症する場合も...
小児科

乳幼児期にカビと湿気にさらされると16歳までに喘息と鼻炎を引き起こす可能性が高くなる

(C)Hipohige.com カビや湿気のある環境で乳幼児期に育つことと幼児期のアレルギー疾患は関連があるとされていますが、その影響が思春期にまで続くのかどうかは明らかではありませんでした。 2016年にスウェーデンで、幼...
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました