第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 午前21~25 副腎皮質ステロイドの作用はどれか

 

続きです。

 

 

 

21 黄色のバイオハザードマークが表示された感染性廃棄物の廃棄容器に入れるのはどれか。

  1.  病理廃棄物
  2.  使用済み手袋
  3.  使用済み注射針
  4.  血液が付着したガーゼ

 

赤いバイオハザードマークが表示された感染性廃棄物の廃棄容器には、血液など液状、泥状のものをいれます。

黄色いバイオハザードマークには、注射針、メスなど鋭利なものをいれます。

茶色のバイオハザードマークには血液が付着したガーゼなど固形状のものを入れます。

よって、答えは3になります。

 

 

22 成人の採血検査で最も用いられるのはどれか。

  1.  外頸静脈
  2.  大腿静脈
  3.  大伏在静脈
  4.  肘正中皮静脈

 

最も用いられるのは、腕からの採血ですね。

よって、答えは4の肘正中皮静脈になります。

 

23 感染を伴わない創傷の治癒を促進させる方法で適切なのはどれか。

  1.  乾燥
  2.  消毒
  3.  洗浄
  4.  ガーゼ保護

 

感染を伴わないというのが、少しきになりますが、

洗浄によって異物などを取り除き、創傷治癒を促進します。

よって、答えは3になります。

 

24 臓器の移植に関する法律における脳死の判定基準で正しいのはどれか。

  1.  瞳孔径は左右とも3mm以上
  2.  脳波上徐波の出現
  3.  微弱な自発呼吸
  4.  脳幹反射の消失
  5.  浅昏睡

 

脳死の判定項目は6項目あり、

①深い昏睡
②瞳孔の散大と固定(瞳孔が直径4mm以上で、外からの刺激に変化がない)
③脳幹反射の消失
④平坦な脳波
⑤自発呼吸の停止
⑥6時間経過した後①~⑤までが同じ状態である

 

以上の条件から答えは4になります。

 

 

25 副腎皮質ステロイドの作用はどれか。

  1.  体重の減少
  2.  血糖の低下
  3.  血圧の低下
  4.  免疫の促進
  5.  炎症の抑制

 

副腎皮質ステロイドは副腎皮質で産生されるステロイドホルモンで、糖質コルチコイド・鉱質コルチコイド・C19ステロイドがあり、ストレスや炎症、免疫が暴走したときなどに抵抗するために分泌されます。

副腎皮質ステロイドの外用剤が、湿疹や慢性蕁麻疹に使用するとよくなることを考えると5番の炎症の抑制が選べそうです。

副腎皮質ステロイドを長期間内服すると、太ったり、血糖が上昇したり、血圧が高くなったり、免疫が抑制されたりするので、5番以外の選択肢はすべて逆になっていますね。

答えは5になります。

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 三叉神経を求心路として起こるのはどれか

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 必修 午前21~25 副腎皮質ステロイドの作用はどれか」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。