第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前81~85 ネグレクトを受けている児の一時保護を決定するのはどれか

続きです。

 

 

81 ネグレクトを受けている児の一時保護を決定するのはどれか。

  1.  家庭裁判所長
  2.  児童相談所長
  3.  保健所長
  4.  警察署長
  5.  市町村長

 

虐待やネグレクトを受けている子供達を、守り・保護する場所が児童相談所なので、答えは2になります。

 

 

82 新生児の殿部の写真を別に示す。

考えられるのはどれか。

  1.  ポートワイン母斑
  2.  サーモンパッチ
  3.  ウンナ母斑
  4.  太田母斑
  5.  蒙古斑

 

ポートワイン母斑は、生まれた時に存在する平らな赤アザです。

サーモンパッチは、赤ちゃんの顔にできる薄赤色のあざで、新生児の約20%にみられるごくありふれたものです。体の正中部に生じ生後一年半のうちに大体自然消退します。

ウンナ母斑とは、うなじのところにできる盛り上がらない生後すぐにみられる血管腫です。

太田母斑は額、目の回り、頬、鼻、耳介に生ずる青アザです。生後半年頃に現れることが多く、思春期以降に青あざが現れることもあります 。

蒙古斑とは、お尻を中心に現れる青あざのことです。日本人を含む黄色人種では大部分の赤ちゃんにみられます。

よって答えは5になります。

 

 

83 排便反射の反射弓を構成するのはどれか。2つ選べ。

  1.  下腸間膜神経節
  2.  腹腔神経節
  3.  骨盤神経
  4.  腰髄
  5.  仙髄

 

便塊が直腸に送り込まれ直腸内壁が伸展されたり、移動によって粘膜を刺激することで、排便反射 が起こり、便塊の移動はより活発化します。

便が直腸に入ることで直腸内壁が伸展し、その重さの刺激は骨盤神経を伝って種々の経路を経て大脳に伝わり便意となります。

しかし、状況が困難で我慢をすると、排便抑制の刺激が仙髄、陰部神経に伝わり、内肛門括約筋、外肛門括約筋を緊張させ便意は消失します。

よって答えは3,5になります。

 

84 アセチルコリンで収縮するのはどれか。2つ選べ。

  1.  心筋
  2.  排尿筋
  3.  腓腹筋
  4.  立毛筋
  5.  瞳孔散大筋

 

アセチルコリンがムスカリン受容体を刺激することで、心臓では、洞房結節、房室結節に作用し、心拍数を低下させます。

アセチルコリンがムスカリン受容体を刺激することで、膀胱は収縮し排尿をうながします。

アセチルコリンがニコチン受容体を刺激することで、筋肉の収縮を引き起こします。

立毛筋は、アドレナリン作動性の交感神経に支配されています。

アセチルコリンがムスカリン受容体を刺激することで、眼では、縮瞳し、眼圧が低下します。

よって答えは2、3になります。

 

 

85 内臓の痛みを引き起こすのはどれか。2つ選べ。

  1.  虚血
  2.  氷水の摂取
  3.  48℃の白湯の摂取
  4.  平滑筋の過度の収縮
  5.  内視鏡によるポリープの切除

 

虚血性腸炎のような虚血性疾患では腹痛を認めます。

胃腸の平滑筋の過度な収縮によって、キリキリ、キューッとした痛みが生じます。

氷水の摂取、熱湯の摂取、内視鏡によるポリープの切除では、内臓の痛みを引き起こしません。

よって答えは1,4になります。

 

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 出生直後の正常新生児に当てはまる特徴はどれか。2つ選べ。

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前81~85 ネグレクトを受けている児の一時保護を決定するのはどれか」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。