第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前109~111 母乳保育のアドバイス

続きです。

 

 

 

 

ネット上では、2と4で答えが分かれてます。

新生児の排便回数は一般的には5~7回/日で、Aさんの児は、2回/日と少な目ですが、最低限の排便はできています。排尿回数が3回/日は少ないです。

排尿回数は、生後1週間までは1日6~8回、以後1日10~15回と増加します。

母乳の分泌状態も心配ですが、児の排尿回数が少ないため、児の排泄状況を優先してアセスメントします。

よって答えは4とします。

厚生労働省の発表では答えは3でした。すいません。

 

 

 

 

初期の乳房緊満は、出産当日を含め産後2~6日の母乳分泌量が増加するあたりから見られるようになります。

通常、乳房が張って痛くなります。皮膚は発赤します。おっぱいの熱が高くなりますが、乳腺炎とはちがって全身症状は見られません。

よって答えは4になります。

厚生労働省の発表で、答えは3と4の両方になりました。

高熱があることから乳腺炎も考慮されるということでしょう。

 

 

 

アゴを上げた姿勢が哺乳しやすい姿勢になります。

Aさんは、乳頭を児にうまくくわえさせられずに悩んでいるので、くわえ方のコツをアドバイスします。

よって答えは4,5になります。

 

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 パニック発作の対応

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前109~111 母乳保育のアドバイス」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。