第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前106~108 妊娠のむくみの対応

続きです。

 

 

 

 

妊婦時にみられる貧血を総称して妊娠性貧血と呼びます。ヘモグロビン濃度が 11.0 g/dl未満、または、ヘマトクリット33%未満のものをいいます。

妊婦中は、妊娠が進行するにしたがって、血液量が約1,000ml増加します。赤血球、ヘモグロビンも増加しますが、それ以上に循環血漿量の増加が起こるため、その結果として血液が水増しされて薄くなり貧血を起こします。

よって答えは1になります。

 

 

 

 

交通機関の混雑による苦痛は、つわりの悪化や流・早産等につながるおそれがあります。妊娠中の女性労働者は、ラッシュアワーの混雑を避けて通勤することができます。

よって答えは2になります。

 

 

 

 

妊娠中に起こるむくみは、ほとんどが生理的なもので問題ないことが多いです。

対策としては、弾性ストッキングが有効です。足を高くして寝るのも有効です。

よって答えは4,5になります。

 

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 母乳保育のアドバイス

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前106~108 妊娠のむくみの対応」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。