第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前118~120 圧迫骨折の対応

続きです。

 

 

 

 

 

頻脈はなく、血糖は正常です。改訂長谷川式簡易知能評価スケールは30点満点で、29点では認知機能の低下を疑いません。

フレイルとは、健常から要介護へ移行する中間の段階と言われています。 具体的には、加齢に伴い筋力が衰え、疲れやすくなり家に閉じこもりがちになるなど、年齢を重ねたことで生じやすい衰え全般を指しています。

よって答えは3になります。

 

 

 

 

Aさんは薬を飲みたくないと訴えています。理由はよくわかりません。傾聴の姿勢が大切です。

4が答えになります。

 

 

 

 

食事を1人で問題なくとれなくなってきていて、薬の飲み忘れも認めるため、週2回の家事援助サービスでは不十分です。

介護度を見直し、必要なサービスを受ける必要があります。

よって答えは1になります。

 

 

午前中の問題は以上になります。

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 労働安全衛生法に規定されているのはどれか

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午前118~120 圧迫骨折の対応」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。