第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後36~40 入浴時に全身の血液循環を促進する作用はどれか

続きです。

 

 

 

 

静水圧作用とは、体にかかる水の圧力のことです。お湯の量にもよりますが、湯船で首までつかった場合、体全体にかかる力は約500㎏~1トンともいわれています。

お湯につかると、体の表面だけでなく、皮膚の下の血管などにまで大きな圧力が加わるというわけです。

よって答えは4になります。

 

 

 

ベンチュリーマスクでは、マスクへの酸素供給路を一部補足することで空気を取り込みます。酸素流量が5L/分以上の場合は、酸素濃度を調節することが可能です。

酸素の投与は重要だが、高濃度の酸素を投与しないほうがよい、慢性呼吸器疾患の患者さんや脳神経外科術後の患者さんに有用です。

よって答えは3になります。

 

 

 

 

筋肉内注射は、上腕部は三角筋、臀部は中殿筋、大腿部では大腿四頭筋外側広筋に行います。

点眼薬は結膜嚢に滴下します。

皮下注射を腕にする場合は、上腕伸側におこないます。

食間とは食事と食事の間のことで、食事の2時間後が目安です。

よって答えは2になります。

 

 

 

 

止血は、一時的止血法と,永久的止血法とに大別できます。前者は、出血部をガーゼなどで圧迫する方法、出血創の上部血管を指で圧迫する指圧法、四肢の大血管の出血に対して止血帯で中枢側動脈を固くしばる止血帯法があります。

後者では,止血鉗子で血管の断端をはさんで結紮糸で縛る血管結紮法、電気メスで焼灼する方法などがあります。

よって答えは3になります。

 

 

 

 

造影を伴わない検査の場合は検査直前まで飲食して構いません。

検査前にエレキバン,シップ,カイロははがします。

頭部MRIの検査中は手足を自由に動かしてはいけません。

検査前に補聴器、入れ歯ははずします。

よって答えは1になります。

 

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 気管支喘息の治療で正しいのはどれか

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後36~40 入浴時に全身の血液循環を促進する作用はどれか」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。