虫歯の進行度を定量的に診断する新しい検査方法が開発 「削らない治療」に向けての新しい検査方法のひとつへ

虫歯になって歯医者さんにいったことはがあるかたは多いと思います。 歯の健康に保つことは私たちの生活の質(QOL)にかかわる問題です。いろいろな研究から歯がからだ全体の健康にも影響及ぼしていて、大きな病気などにつながる可能性があることがわかっています。 ところで虫歯ってなぜなるのでしょうね。甘いものを食べすぎると虫歯になるっていいますよね。 虫歯の原因となるのは、食後に歯についた食物の食べかすなどが口内細菌と共に歯の表層に付着することで歯垢が形成されることがきっかけになります。 歯垢内の細菌は、口に入ってきた糖などを分解して酸を作ります。この酸が歯を溶かして虫歯になっていきます。 もともと口内は中性から弱アルカリ性ですが酸が作られることで口内のpHは酸性に傾きます。だいたい数分から1時間程度で唾液が口内を洗浄することでpHは元に戻ります。 とくに甘いものを食べると急激に口内は酸性となって酸性の状態の時間は長くなります。たとえば、糖分を10%程度含む炭酸飲料を飲むと口内は1時間程度の間は酸性の状態のままです。 このようにできてしまう虫歯の治療にあたって歯医者さんが頭を悩ますのは「虫歯をどの段階で削って治療するか、どこまで削って治療するか」という点です。 この判断をするために歯医者さんは虫歯の治療前や治療中などに歯の検査を行っています。 いろいろな歯の検査方法はありますが、従来の検査方法とは異なる新しい検査方法を2018年3月に東京医科歯科大学の研究グループが、「歯のpHマッピングによる虫歯の定量的検査技術を開発した」ことを国際科学誌「Analytical Continue Reading ->

京都大学発「新しい人工皮膚が製造承認へ」 糖尿病性潰瘍、やけどなどの治りにくい傷の治療に効果

わたしたちがけがなどして皮膚に傷ができるとしばらくすると自然に傷が元に戻りますよね。 これは皮膚の自然治癒力による再生機能が働くからです。医学的に「創傷治癒機転」といいます。ふだんはあまり意識しないことですがわたしたちのからだを守るためには大事な機能ですよね。 しかし、大きく皮膚が欠損した場合や創傷治癒機転の働きににくくなる難治性皮膚潰瘍の場合では、皮膚の再生に時間がかかる場合や治癒しない場合もみられます。 難治性皮膚潰瘍 細菌感染、血管障害、知覚障害、ステロイドや免疫抑制剤の使用などで傷の回復を阻害する要因があって治りづらい潰瘍状態になってしまう状態を「難治性皮膚潰瘍」といいます。 外傷、糖尿病、放射線照射、動脈硬化症、静脈うっ滞、リウマチなど膠原病などがおもな原因となります。 なかでも大きな問題になっているのなのは「糖尿病性潰瘍」です。日本では、糖尿病患者数は300万人以上、糖尿病予備軍はその3倍以上と推測されています。治療を行ってもうまく治癒せずに四肢切断手術に至ってしまうことも少なくありません。 難治性皮膚疾患の治療方法のひとつに人工皮膚を用いた治療がありますが、創傷治癒機転がうまく働かずに傷がなおりづらいなどの問題点がありました。 2018年4月に、京都大学は「従来の人工皮膚の問題点を改善したあらたな人工皮膚である機能性人工皮膚が、医療機器として製造承認された」と発表をしました。 [従来の人工皮膚ではなにが問題なの] 従来の人工皮膚は、1990年代から治療に用いられ始められました。コラーゲンスポンジをシリコンフィルムで覆った二層構造になっていて通常は、約2週間から3週間かけて皮膚が再生されていきます。 難治性皮膚潰瘍では、従来の人工皮膚では、血行がよくないことや傷口の細胞の働きが悪いことなどが、原因で皮膚がうまく再生されずに傷がいつまでも治らない、細菌感染を引き起こしやすく傷がさらに悪化するなど十分な効果を得ることがむずかしい状況です。 そのために、人工皮膚の治療効果を高める方法として患者さん本人の細胞を培養して人工皮膚に含ませて傷の細胞を活性化させる治療法などもあります。治療効果は、期待できるのですが、治療費が高額になるなど一般的とはいえませんでした。 [京都大学が開発、医師主導治験によって実用化] このような状況を踏まえた上で、京都大学の研究チームは、従来の人工皮膚を改良に取り組み、難治性皮膚潰瘍の治療薬として広く使用されている「フィブラストスプレー」を吸着させて1週間以上かけてゆっくりと放出させる新しい機能性人工皮膚の開発を行いました。 ※フィブラストスプレーは、皮膚の再生を促進させるための治療薬です。主成分である「塩基性線維芽細胞増殖因子(bFGF/FGF-2)」が傷を治すために必要な細胞や血管などの増殖をうながします。 マウスを使用した動物実験では、「フィブラストスプレー」を通常投与する量の1週間分から2週間分を機能性人工皮膚に含ませると効果が10日間ほど持続、従来の人工皮膚と比べて約2倍から3倍の時間で皮膚が再生されることが観察されました。 次の段階として、機能性人工皮膚の実用化するにあたり高度な臨床技術が必要なことから、医師が自ら治験を行う「医師主導治験」の実施を行いました。 医師主導治験は、30歳代から80歳代の17人の患者さんに対して行われました。治験の結果から治療の安全性や約10日前後で皮膚の再生が認められることが、確認されました。この成果として、今回、医療機器として医薬品医療機器総合機構(PMDA)に製造承認されました。 [機能性人工皮膚に期待されることはなに] 機能性人工皮膚は、従来の人工皮膚と比較して治療効果が2倍から3倍程度の速さになります。この効果から難治性皮膚潰瘍の治療成績の向上や傷が早く治ることで、感染症のリスクの低下が期待できます。 申請によって認められた適応となる症状は「熱傷III度、外傷性の皮膚欠損、腫瘍や母斑切除後の皮膚欠損、創傷により生じた全層皮膚欠損創」などです。とくにやけどや糖尿病に伴う皮膚の病気の治療には、年間数万人の患者さんに使用できると推定されています。 機能性人工皮膚は、細胞増殖因子を使用した人工皮膚として世界初の製品です。今回の方法は、塩基性線維芽細胞増殖因子以外の成長因子も吸着可能なために皮膚再生分野以外も応用が可能でないかと研究チームは推測しています。 予定されている発売開始時期は2019年1月で商品名は「ペルナック Gプラス」。価格は7段階ある大きさによって異なり5000円から約21万円です。治療に使用された場合には、保険適用されて患者さんは原則3割負担です。 京都大学の研究グループは、「この人工皮膚の有用性を多くの医療関係者に認知していただき重症熱傷や糖尿病性潰瘍などに苦しむ患者さんの福音となるように努力したいと」とコメントしています。   Continue Reading ->

抗菌薬使用によりアレルギー疾患の発症リスクが上がる?!〜2歳までの抗菌薬使用歴と5歳時でのアレルギー疾患有病率との関連〜

日本人の約2人に1人は、なんらかのアレルギー疾患に罹患していると推定されており、患者数は年々増加傾向にあります。さまざまな因子がアレルギーの発症に関わっていると考えられていますが、今回、生後2歳までに抗菌薬使用歴があると、5歳時までにアレルギー疾患を発症するリスクが高まる可能性が報告されました。 写真はイメージです。 photo by photo AC アレルギーとは? 私たちの身体には、細菌やウィルスなどの異物が体内に入ってきたときに、これらを排除しようする免疫機能が備わっています。本来は身体を守る免疫ですが、アレルギー疾患では、免疫が特定の物質(アレルゲン)に対して過剰に反応してしまい、全身的または局所的にさまざまな症状を引き起こします。 アレルギーには、Ⅰ〜Ⅳの型がありますが、代表的なアレルギー疾患である気管支喘息、アレルギー性鼻炎、アトピー性皮膚炎、アナフィラキシーショック、花粉症は主にⅠ型に分類されます。Ⅰ型は即時型とも呼ばれ、症状の発現にはIgE抗体が深く関わることが知られています。 花粉やハウスダスト、食物などのアレルゲンが体内に入ると、IgE抗体が作り出され、皮膚や粘膜の下にあるマスト細胞の表面に結合します。そこに、再びアレルゲンが侵入し、マスト細胞に結合しているIgE抗体と出会うと、マスト細胞が活性化してヒスタミンなどの炎症性物質が放出され、かゆみなどのアレルギー症状が発現します。 アレルギー疾患をもつ子供の数は増加傾向にあり、気管支喘息の有病率は幼稚園児で約20%、アトピー性皮膚炎の有病率は4ヶ月〜6歳で12%前後と報告されています。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

スピオルトレスピマットとスピリーバレスピマットの比較〜呼吸機能や運動能力への効果〜

COPD(慢性閉塞性肺疾患)は、喫煙者に多い肺の炎症性疾患であり、男性の死亡原因の第8位にもなっています。一度発症すると治癒することはありませんが、適切な治療により進行を遅らせることは可能となっているため、早期から適切な治療を受けることが大切です。 写真はイメージです。 photo by illust-ac COPDと薬物療法 COPDの症状は、身体を動かした時に息切れを感じる労作時呼吸困難や慢性のせき、たんが特徴となります。喘鳴や発作性呼吸困難などの喘息のような症状がともなう場合もあります。一方で、これらの症状に乏しい方もおり、実際にCOPDの治療に取り組まれている患者さんは1割にも満たないとも言われています。 また、COPD患者さんの3分の1は他の病気を合併しているとも言われており、合併しやすい病気として、糖尿病、心臓病、骨粗鬆症、抑うつなどが挙げられます。これらの病気を合併している場合、経過が悪く、死亡リスクも高いことから、注意が必要です。 COPDの主な原因は喫煙であり、有害物質を長期間吸い込むことにより、肺の中の気管支に炎症が起き、せきやたんが出たり、空気の流れが低下します。また、炎症により肺胞が破壊されると、酸素の取り込みや二酸化炭素を排出する機能の低下を引き起こします。 一度変化を起こしてしまった肺は、元に戻ることはなく、治療では、症状の緩和・維持、将来リスクの低減が目標となります。治療は、禁煙、薬物治療、呼吸リハビリテーションが中心に行われます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

魚油はドライアイには効果がない可能性も!?ドライアイと魚油について

ドライアイは、涙の量が減ったり、質が低下することによって、目の表面を潤す能力が低下した状態です。日本には、2200万人以上もの患者さんがいると推定されており、年々増加傾向にあります。 写真はイメージです。 photo by illust-ac ドライアイとは? ドライアイは、“さまざまな要因による涙液および角結膜上皮の慢性疾患であり、眼不快感や視機能異常を伴う”と定義されている慢性の眼疾患です。 涙液は、油層、水層、ムチン層から成っており、それぞれがバランスを保つことで安定性を保っています。涙は、目の乾燥を防止したり、洗浄、感染症の予防、栄養補給、鮮明な像を結べるように黒目の表面を滑らかに保つなどの重要な役割をしています。そのため、なんらかの理由により涙の状態が不安定になると、涙が蒸発しやすくなったり、目の表面が傷つきやすくなります。 加齢や、長時間にわたるデジタル機器の使用、コンタクトレンズの装着、エアコン下など乾燥した環境に長時間いることなどにより、ドライアイになりやすくなるといわれています。 おもに、目が乾く、不快感がある、物がかすんで見える、目が疲れやすいなどの症状がみられ、進行すると、視力低下や痛み、角膜上皮剥離が発現することもあります。 ドライアイの治療には、おもに点眼薬による治療と、涙点を閉鎖する治療法があります。 薬物療法では、患者さんの症状に合わせて、水分の補給や角膜創傷の治癒を促進する人工涙液やヒアルロン酸製剤、ムチンや水分の分泌を促進する点眼薬、ムチンを産生する点眼薬が用いられます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

口の中の細菌が腸内に住み着くと・・・ クローン病や潰瘍性大腸炎の原因になる可能性があるって

わたしたちの口の中や消化管にはさまざまな細菌が住み着いています。とくに腸内には数百種類以上、50兆個から100兆個以上の細菌が生息していて細菌ごとに集落を形成しています。 その様子から「腸内フローラ(腸内細菌叢)」と呼ばれています。腸内フローラはよく耳にしますよね。腸内細菌はわたしたちの健康や病気の原因として大きくかかわっていることが知られています。 一方、口の中にも数百種類以上、1000億個から6000億個以上の細菌が生息しています。歯磨きなどのケアをまったくしないと1兆個を超えるといわれています。口の中の細菌は心疾患、脳血管系の疾患、糖尿病などとの関連性や誤飲性肺炎などの原因としても指摘されています。 このような口の中の細菌が腸内に住み着くことでクローン病や潰瘍性大腸炎のような「炎症性腸疾患」の発症に関連する可能性があることを早稲田大学と慶応大学の研究チームが国際学術雑誌「Science」上で発表しました。 クローン病は口から肛門までの消化管に非連続性の炎症や潰瘍ができる難治性の疾患です。活動期と寛解期を繰り返しながら病状が進行していきます。潰瘍性大腸炎は大腸の粘膜にびらんや潰瘍ができる難治性の疾患で大腸全体に病変が広がっていきます。 どちらの病気も明確な原因はわかっていません。遺伝、免疫異常、腸内細菌、食事などのさまざまな要因が組み合わさって発症すると考えられています。 クローン病も潰瘍性大腸炎も厚生労働省指定の難病です。苦しんでいる患者さんの数も多いことが知られています。どのような研究結果が発表されたのか気になりますよね。 [口の中の細菌が腸に関係あるとは] いままで腸内フローラの乱れと疾病の関係はいろいろといわれてきましたがどのような仕組みで発症につながっていくメカニズムははっきりとしたことはわかっていませんでした。 研究チームは口の中の細菌が炎症性腸疾患や大腸がんなどの患者の便中に多く検出されることから口の中の細菌がどのように腸の免疫系に影響及ぼして病気とのかかわりはあるのかという点に着目しました。 -クローン患者の唾液から- 研究ではまずクローン患者の唾液を無菌状態の特別な環境で育てられた常在菌を持たない無菌マウスに経口投与をおこなってマウスの腸内に存在する免疫細胞を解析しました。 解析結果からヘルパーT細胞のひとつである「TH1細胞」がいちじるしく増加していることが確認されました。 TH1細胞の重要な役割は細胞内に寄生する細菌の感染防御ですが過剰に活性化してしまうと自己免疫性疾患の発症につながるといわれています。 クローン病患者の唾液に含まれていたどの細菌がマウスの腸内に定着してTH1細胞の活性化につながったのでしょうか。 -クレブシエラ菌が腸に炎症の引き金に- 研究チームはマウスの便から検出された約30種類の細菌をそれぞれ単独で無菌マウスに経口投与してTH1細胞の増加に関連する細菌を精査したところ「クレブシエラ・ニューモニエ(以下クレブシエラ菌と記載)」がTH1細胞を強く誘導する細菌であることがわかりました。 クレブシエラ菌は通常は病気を引き起こすことはありませんが免疫系が弱っている人や高齢者などでは肺炎、気管支炎、膀胱炎など日和見感染を引き起こすことは知られています。 クレブシエラ菌を実験用の清潔な環境で育てられた病原体を持たずに常在菌だけは持っているマウス(SPFマウス)に投与したところクレブシエラ菌が定着して増殖することはありませんでした。このことは腸内フローラがクレブシエラ菌の定着を阻止したことが示唆されます。 SPFマウスに抗生物質を投与した場合にはクレブシエラ菌が腸内に定着してTH1細胞が誘導されました。抗生物質によって腸内フローラが乱れたことからクレブシエラ菌の定着を招いたと考えられます。 ―クローン病との関連は― 研究チームはクレブシエラ菌の定着がクローン病の発症などに関連しているかを確認するために遺伝子操作をした腸炎発症モデルの無菌マウス(IL-10欠損マウス)にクレブシエラ菌を投与しました。すると腸に強い炎症が起こることが確認されました。 IL-10欠損マウスは清潔な実験用環境下でも腸炎を発症します。無菌状態では腸炎は発症しません。いままではどの細菌が原因で腸炎を発症するかわかっていませんでした。この点でも興味深い結果だったといえるでしょう。 比較群としてIL-10欠損マウスに大腸菌のみを投与した場合には炎症はみられませんでした。野生型のマウスにクレブシエラ菌を経口投与した場合にはTH1細胞は増加しましたが炎症はみられませんでした。 これらのことからクレブシエラ菌の定着はTH1細胞の過剰な増殖や活性化を引き起こして遺伝型によっては腸内で炎症の発生や憎悪につながっていくと考えられます。 -潰瘍性大腸炎の患者の唾液では- 潰瘍性大腸炎の患者の唾液を無菌マウスに投与して同様の実験も行われました。一部の潰瘍性大腸炎の患者の唾液がクローン病患者の唾液を投与した場合と同様に腸内にクレブシエラ菌の定着とTH1細胞の増加が観察されました。 それでは健常者の唾液ではどうなのでしょうか。健常者の唾液を用いた実験でも腸内にクレブシエラ菌の定着とTH1細胞の増加が観察されました。このことからクレブシエラ菌は炎症性腸疾患の患者だけではなく健常者の口の中にも存在して炎症性大腸炎が発症する可能性があることがわかります。 [研究結果をまとめてみましょう] 研究チームは研究結果を以下のようにまとめています。 ◇クレブシエラ菌の腸内への定着でクローン病や潰瘍性大腸炎などの炎症性大腸炎に関連している可能性がある。 ◇健常者でも長期的な抗生物質の服用によって腸内にクレブシエラ菌が定着する可能性があるので過度の抗生物質の服用は気を付けた方がよい。 ◇クレブシエラ菌を選択的に排除して殺菌する抗生物質や腸内に定着させないような薬剤の開発を通じて炎症性腸疾患の予防法や治療薬の開発につながることが期待される。 さらに研究が進められて難病といわれる炎症性腸疾患の治療への道につながるといいですよね。あわせて口内を清潔することを日ごろから心がけることが大事であるとも考えられますね。   Continue Reading ->

クッシング病にたいする新たな治療薬 パシレオチド(商品名;シグニフォー)

クッシング病は、下垂体腺腫が原因となりコルチゾールの過剰分泌が引き起こされる疾患です。稀な疾患であり、日本における患者数は450人程度と推定されています。 外見的や精神的な変化をともない、患者さんのQOLを低下させることから、効果的な治療薬の開発が求められてきました。 写真はイメージです。 photo by photo AC クッシング病とは? クッシング病は、脳の下垂体に発生する良性の腫瘍(下垂体腺腫)から副腎皮質刺激ホルモン(ACTH)が過剰に分泌され、副腎でのコルチゾールの生産・分泌が過剰になることで発症します。 コルチゾールは、副腎皮質ホルモンの一つで、糖・脂質・タンパク質の代謝に関わっています。また、炎症を抑える作用や血圧の調節にも関与しており、私たちの身体には欠かせないホルモンです。 コルチゾールの分泌は、下垂体から出るACTHによりコントロールされており、ACTHもまた視床下部のCRHにより調節を受けています(視床下部CRH-下垂体ACTH-副腎コルチゾール系)。クッシング病では、下垂体にできた腺腫により、ACTHの分泌が過剰となるため、その結果、副腎でのコルチゾールの過剰分泌が起こります。 症状としては、満月様顔貌や中心性肥満などの体形変化をともなう兆候が特徴となります。高血圧症や糖尿病、脂質異常症、骨粗鬆症などの合併症を発症することも多く、うつ傾向などの精神的な変化がみられることもあります。病気が進行すると、免疫機能の低下から感染に弱くなり、敗血症で命を落とすこともあります。 クッシング病の治療では、原因となる下垂体腺腫の外科的切除が第一選択となっています。切除不能または切除により寛解できない場合には、放射線療法や薬物療法が行われます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

角膜移植が必要となる水泡性角膜炎とは 再生医療による新しい治療法の取り組みが進んでいます

目の病気というとどのような病気を思い浮かべますか?。結膜炎、麦粒腫(ものもらい)など比較的に身近な病気から白内障、緑内障などいろいろな病気がありますよね。 目の病気の中には角膜移植を必要とする重い病気がいくつかあります。そのような病気のひとつに「水泡性角膜症」という病気があります。 2018年3月15日に京都府立医大と同志社大学の研究チームが角膜移植とは異なる水泡性角膜症の治療法に関する論文をアメリカの医学誌「The Continue Reading ->

睡眠時無呼吸や睡眠不足の人は、眠気の自覚がなくても自動車事故のリスク増!?

みなさんは、毎日よく寝られていますか?睡眠の質は、健康状態と密接に関係しています。 睡眠障害が生活習慣病の発症に関わっていることや、日中の眠気などにより人的ミスの危険が高まることが知られていますが、今回、眠気を感じていなくても睡眠時間の短い人や睡眠時無呼吸がある方は、自動車事故を起こすリスクが高いことが報告されました。 写真はイメージです。photo Continue Reading ->

新機序の便秘治療薬「エロビキシバット水和物(商品名;グーフィス錠5mg)」とは

便秘症は、女性や高齢者で罹患率が高い疾患で、日本においては約450万人の方が悩まされているといわれています。身近な疾患である便秘症ですが、2018年4月新たな作用機序をもつ治療薬が発売となりました。 便秘のタイプ ヒトの大腸は約1.5メートルあり、盲腸、上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸、直腸で構成されています。 大腸の構造 photo by illust-ac 大腸にたどり着いた食べ物のカスは、はじめは液状の状態ですが、大腸を通るうちに水分および塩類が吸収されて固形状となり、便として排泄されます。 大腸はぜん動運動により横行結腸からS状結腸へと便をスムーズに送り出しています。その後、一定量の便が直腸にたまると、仙髄の排便中枢に伝わり、排便が促されます。 便秘は、大腸そのものに障害がある、もしくは大腸の働きに異常が起きることで生じる症状で、原因によって機能性便秘と器質性便秘に分けられます。 器質性便秘は、大腸の炎症や術後の癒着、がんなどにより、腸そのものによる通過障害や排出障害で起こる便秘のことをさします。 一方、機能性便秘は、排便までの一連の流れに問題が生じている状態で、さらに弛緩性便秘、けいれん性便秘、直腸性便秘に分けられます。 弛緩性便秘は、結腸でのぜん動運動の低下により起こり、便をスムーズに送り出すことができないため生じる便秘です。けいれん性便秘は、結腸の一部がけいれんを起こし、正常な便の移送が妨げられることにより起こります。直腸性便秘は、排便の反射が弱くなっており、便が直腸にたどり着いても便意が起こりにくいため生じる便秘です。 便秘の治療では、食生活や運動などの日常生活の見直しや薬物療法が行われます。薬物療法では、症状により、患者さんに合った便秘薬が選択されます。(詳しくはこちらを参照) 写真はイメージです。photo Continue Reading ->