第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後106~108 産後の対応

続きです。

 

 

 

 

 

妊娠末期の血糖コントロールが高めだと、ふつうよりも多量の血糖が胎盤を通じて胎児に供給されます。それに対応しようと、胎児の膵臓からはインスリンが多めに分泌されています。出生と同時に母体からの血糖の供給がなくなることで、インスリンの作用が過剰にでて低血糖になることがあります。

そのため、血糖測定を優先します。

よって答えは2になります。

 

 

 

 

脊髄クモ膜下麻酔後の頭痛は起き上がると頭痛が強くなり、横になると軽くなるという特徴があります。安静と補液、水分摂取で改善することが多いです。

よって答えは4になります。

 

 

 

 

子宮内避妊器具は産後も使用できます。子宮の回復を待ってから挿入します。

母乳栄養の場合は、ピルが乳汁分泌を抑制する可能性もあるため、分娩後6ヶ月程度までは服用を避けるべきです。

母乳を与えている間も避妊の必要があります。

コンドームは性生活を再開するときから使用できます。

よって答えは4になります。

 

 

続き
第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 統合失調症の患者さんへの対応

 

 

「第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後106~108 産後の対応」への3件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。