第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後94~96 脳梗塞後のリハビリテーション

続きです。   https://youtu.be/sbgfZPr3934?t=243         AさんのHbA1cの値は問題なく、糖尿病ではありません。 Aさんの心電図は、RR間隔不定で心拍数100回/分と、心房細動を認めています。 心房細動が続くと心臓から血液がうまく拍出されず、心房内で血液がうっ滞して血栓ができやすくなります。この血栓が、脳に運ばれ脳の太い血管を詰まらせると、脳梗塞が起こります。 Aさんの血圧は、160/85mmHgと高血圧を認めています。 血圧が高いと心筋の細胞自体に負担がかかり、心房細動を引き起こしやすくなります。 よって答えは3、4になります。       Aさんに共感的な態度を示し、悩みを引き出しましょう。 よって答えは4になります。         リハビリテーションは、日常生活の復帰を目指して、リハビリテーションチームによって全人的アプローチが行われます。 リハビリテーションスタッフだけではなく、様々な職種とカンファレンスを軸に情報共有と連携を行います。 特に①関係職種間の情報共有②チームとしての共通目標③家族の参加④専門職種が互いに尊重し合うことが重要です。 よって答えは4になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 急性胃腸炎の対応     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後91~93 ウイルス性肝硬変の対応は

続きです。   https://youtu.be/sbgfZPr3934?t=15         食道静脈瘤とは、肝硬変の合併症の1つで、食道粘膜の粘膜内ならびに粘膜下層にある静脈が太くなり、こぶのようになった状態を指します。 食道静脈瘤があるだけでは、自覚症状はありませんが、静脈瘤が進行すると、こぶが破裂して出血する危険性があります。そのため、突然の吐血で気づくというケースもあります。 よって答えは2になります。         膀胱や前立腺を観察しやすくするため、できる範囲で排尿を我慢します。 おならを我慢する必要はありません。 腹部超音波検査では造影剤を使用しません。 検査の4時間前くらいから食事を控えます。午前中の検査の場合は、朝食を抜きます。 よって答えは4になります。         肝硬変では、禁酒し、バランスのよい食事をとるように心がけます。食物繊維は積極的にとります。 カリウム制限は、腎機能が低下した際に行います。 食道静脈瘤があるので、刺激の強いものや硬い食べものは避けます。 よって答えは1、5になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 脳梗塞後のリハビリテーション     Continue Reading ->

第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 午後86~90 感染症法に基づく五類感染症はどれか

続きです。   https://youtu.be/lDpssVYGDqE?t=13         後天性免疫不全症候群(AIDS)は、五類感染症です。 腸管出血性大腸菌感染症は、三類感染症です。 つつが虫病は、四類感染症です。 急性脳炎は五類感染症ですが、日本脳炎は除かれます。日本脳炎は四類感染症になります。 梅毒は、五類感染症です。     5類感染症の代表的な疾患の語呂合わせを紹介しておきます。   あさ、家で梅干しと栗とブドウを食べてクラクラ あさ…麻疹風疹(MR) い…インフルエンザ え…(AIDs) 梅…梅毒 ぼし…B型肝炎、C型肝炎 くり…クリプトスポリジウム症 ブドウ…メチシリン耐性黄色ブドウ球菌(MRSA) クラクラ…クラミジア 【参考文献】 Denticola 歯科医師国家試験のポイント   よって答えは1、5になります。         相手の話を聴いて理解することの障害は、ウェルニッケ失語の中核症状です。 言葉そのものの理解は、障害されても状況判断や推測などは保たれていることが多いです。短く、ゆっくり話しかけながらジェスチャーを加えるなどして、コミュニケーション方法を工夫することによって理解可能となる場合もあります。 コミュニケーション手段の一つとして、「はい」「いいえ」で答えられる質問をして、どちらかを指差しで選んでもらうことは、有用です。 よって答えは1、2になります。         排尿状況に応じて、職場のトイレでもうまく自己導尿をこなしましょう。 仕事中に飲水を制限する必要はありません。 体圧分散マットレスの使用は褥瘡予防に効果的です。 労働時間によりますが、残業する場合も休憩時間は必要になります。 労働基準法では、労働時間が6時間を超える場合には45分以上、同様に8時間を超える場合には60分以上の休憩時間を、労働時間の途中に与え、また原則として自由に利用させなければならないとしています。 職場の担当者に自分の病気について伝えましょう。 よって答えは3、5になります。         ストーマの装具は定期的に交換します。 剥がした装具の皮膚接着面をみて、皮膚保護材の溶解の程度を観察し、ふやけ方や溶け方を確認します。溶け具合などを参考にして、装具交換時期の目安を決めます。 洗浄後は、乾いたガーゼ等で拭き、可能であれば空気浴の時間をとって皮膚を乾燥させます。 装具の穴はストーマより2mm程度大きめにします。 腹壁のしわが自然に伸びた状態の体勢で装具を装着します。 よって答えは2、5になります。         分娩監視装置とは、妊産婦さんのおなかにベルトを巻き、赤ちゃんの心拍数、胎動、子宮の収縮の具合をチェックする装置です。 所要時間は平均30~40分ですが、検査中に胎児が寝ていてグラフが反応しないなどの理由で検査時間が長引くことがあります。 検査に時間がかかるため、検査前に排尿は済ませておきます。 検査は、仰向けで少し上半身を起こした状態で行います。完全に仰向けになってしまうと、おなかが、血管を圧迫し仰臥位低血圧症候群になってしまうことがあります。 ベルトは2本巻きます。ひとつは赤ちゃんの心拍を、もうひとつは子宮の収縮状態を記録します。   ノンストレステストをわかりやすく説明した動画がありました。 https://www.youtube.com/watch?v=MyJR_if3vcc   よって答えは1、3になります。     続き 第108回看護師国家試験を解いてみた 問題解説 ウイルス性肝硬変の対応は     Continue Reading ->