もし、銃で撃たれたらどうなるの? 貫通銃創と盲管銃創

[銃社会といわれるアメリカ、銃規制が厳しい日本では]  アメリカは銃社会といわれていますよね。年間で3万人以上が銃による犯罪や自殺などによって命を落としています。単純計算しても1日100人近くに及びます。 日本では銃規制が厳しいこともあり、年間10人前後の方が銃によって亡くなられています。社会が国際化しているということで、日本人が海外で銃による犯罪に巻き込まれるケースも聞くことがありますよね。 銃で撃たれて死亡したというニュースを聞いて疑問に感じたことはありませんか。「銃に撃たれて簡単に死ぬの?」、「頭や心臓など急所を撃たれなければ大丈夫なの?」とか思ったことはないでしょうか。 最初に「銃で撃たれるとは」どのようなことかみていきましょう。 [銃で撃たれるとどうなるの] -銃で撃たれた場合には- 銃で撃たれるとどうなるのでしょうか。撃たれることによって生じた傷を一般的には「銃創」、医学的には「射創」といいます。銃弾がからだに入った傷を「射入創」、体内を貫通した場合にできた傷を「射出創」といいます。 たとえば、警察などで使用されるのは38口径(直径約9.6ミリ)の銃の場合には、射入創は銃弾とほぼ同じ大きさの1センチ程度です。射出創がある場合にはそれよりも大きくなります。なぜ、大きくなるのでしょう。 弾頭が硬質の金属でできていればそのようなことはありません。だいたいはからだの中をそのままの形で貫通します。これを「貫通銃創」といいます。 しかし、一般的な銃弾の頭はやや柔らかい金属できています。からだにあたると銃弾が頭から押しつぶされ変形することで、傷は大きくなり体内の広い範囲に影響を及ぼします。このために銃弾が貫通せずにからだの中に留まることが多く見られます。これを「盲管銃創」といいます。 9.6ミリの弾丸の時速は1450キロメートルです。その衝撃をからだが受け止めるわけです。弾丸が命中していない部分もダメージを受けます。弾丸自体はからだの中を回転しながら引き裂くように進んでいきます。骨などにぶつかると弾道が曲がる場合があり、思わぬ方向に弾丸が進むことがあります。 狩猟などで使われる散弾銃では、素早く動く獲物にたいして確実に被弾させるために広範囲に銃弾が飛び散ります。散弾銃を被弾した場合には多数の射入創ができます。おもに皮下や筋肉組織まで達するものがほとんどで貫通することはまれです。 -銃による死因は失血死が多い- アメリカのレポートでは銃弾が「脳や心臓」といった即座に生死にかかわる部分に命中せずに病院で治療を受けた場合の生存率は80%以上、脳や心臓に被弾した場合の生存率は9%とされています。ただし、脳や心臓以外にも損傷を受けると致命的な臓器もあります。 手や足など臓器に関係しない部分なら大丈夫ということはなく、手や足の大動脈に命中した場合(体内の大動脈も同じです)、失血死する場合があります。 一般的に銃撃を受けたことによる死因の多くは失血死です。そのために、銃で撃たれた場合に、最初にやることは止血が最優先とされています。また、胸部の場合には緊張性気胸や肺の虚脱が起きる可能性があるので銃創をテープなどで密封します。 ところで、「よし、弾が抜けているから大丈夫だ」、「からだの中に弾が残っていないから大丈夫」などのセリフを映画やドラマで聞いたことはありませんか。貫通銃創は盲管銃創より危なくないということでしょうか。 [盲管銃創って危ないの?」 -銃創の治療は- 使用された武器、弾丸の種類、被弾した場所、出血量によりますが、貫通銃創も盲管銃創も同じです。ただし、貫通銃創は創傷が最小限で済む可能性があります。盲管銃創の場合には体内での損傷が一般的に大きく、骨、筋肉、肝臓など密度の高い部位ほど損傷が大きくなります。 銃創の治療は通常の外科治療は同じで傷口の洗浄、血管や神経の破損箇所の処理、臓器損傷の修復、化膿や細菌性の感染症を防ぐ為の抗生物質や破傷風などのワクチンの投与などを行います。 くわえて、盲管銃創の場合には弾丸の摘出を行います。弾丸を摘出する必要はなんでしょうか。 -盲管銃創は弾丸を取り出す必要は?- 盲管銃創では弾丸の摘出を行うのは、弾丸の材質である鉛やアルミニウムには表面にきわめて小さな穴が開いていて雑菌がつきやすく、創傷部が汚染されて感染症を引き起こす場合があるからです。場合によって敗血症になることもあります。臓器損傷、神経障害、制御不可能な出血などでも弾丸の摘出が必要になります。なお、汚染による感染症を防ぐために表面を銅でコートした弾丸もあります。 弾丸の摘出が見送られる場合もあります。摘出によってからだが大きなダメージを受ける可能性がある場合、弾丸が摘出困難な場所にある場合です。散弾銃も盲管銃創になりますが、弾丸の数が多くて摘出しきれないことがままあります。 弾丸に使用されている鉛によって鉛中毒を引き起こすことも知られています。鉛中毒の症状は「疲労感、倦怠感、食欲不振、悪心、便秘、下痢、頭痛、不眠、末梢神経障害、腎尿細管障害」などです。血中の鉛濃度で判断します。 鉛中毒を起こしやすいのは、弾丸が関節の骨と骨の間にある空間である関節腔(滑膜腔)や感染巣にある場合です。とくに関節腔内の滑液は鉛を溶かしやすいことが知られています。 鉛中毒発症時期は受傷後2日から40年までと長期間におよびます。皮下や筋肉などの軟部組織に留まっている弾丸は表面が酸化鉛の被膜で被われて、周囲に肉芽から線維性瘢痕組織へと半跏して弾丸を取り囲み、鉛中毒を引き起こしにくいといわれています。 からだの中に弾丸が残っているからといって、必ずしも鉛中毒を起こすわけではありません。また、鉛中毒によって死亡するような状態になることは珍しいとされています。 からだの中に弾丸を残したまま寿命をまっとうする人は少なくありません。多くみられるのは戦争や紛争関連の負傷や狩猟中の事故で散弾銃の銃弾がからだの中に残ってしまうことです。 不幸な症例では脊椎に弾丸がめり込んで摘出ができずに半身不随になってしたっま症例もあります。非常に珍しい症例では心臓を包んでいる心膜に弾丸がささり、摘出すると大出血を起こして死亡するといわれ、弾丸を摘出できないまま62年間のあいだ生存し続けた症例も報告されています。 わたしたち日本人にとって普通に生活している限り、銃は身近な存在ではありません。銃について知らない方がほとんどでしょう。海外で観光やビジネスで渡航される方も多くなりましたが、銃の心配をしないで生活が送れることが一番ですね。   Continue Reading ->

アメリカで汚染した小麦からシガ毒素産生大腸菌を確認 そもそもシガ毒素産生大腸菌とは、から予防まで

2016年にアメリカの24州で計56件、汚染された小麦粉を感染源とするシガ毒素産生大腸菌の発生が確認されました(NEJM)。 シガ毒素産生大腸菌といわれると、あまりピンと来ないかたもいるかもしれませんが、温かいころになるとテレビでもニュースになるO157を代表する大腸菌です。 今回は、シガ毒素産生大腸菌についてみていきましょう。 大腸菌の電子顕微鏡写真 Continue Reading ->

鼻中隔湾曲症とは?鼻の曲がりとは関係あるの?

まず鼻中隔とは、鼻の左右を分けている壁のことで、ここが極度に曲がってしまうと「鼻中隔湾曲症」と診断されることがあります。ではこの鼻中隔湾曲症とはどのような病気なのでしょうか。原因や症状など詳しくご紹介します。   〇大人に多く見られる鼻中隔湾曲症 鼻中隔は、鼻中隔軟骨、鋤骨、篩骨垂直板という3つの軟骨から成り立っています。鼻中隔湾曲症が起こってしまう原因としては、これらの軟骨が成長する過程でそれぞれのバランスを崩し、不調和を起こすために生じるとされています。そのため、鼻中隔の湾曲自体は、大人では約80~90%には見られるともされています。ただし、単に鼻中隔に湾曲がみられるだけでは疾患とはならず、これに伴った症状があって初めて鼻中隔湾曲症と診断されます。 鼻中隔湾曲症(MRI) Continue Reading ->

DOHaD(Developmental Origins of Health and Disease)説とは 概略と今後への課題

妊娠中の母親の栄養状態が、生まれた子供の成長後の疾患に強いかかわりがあることが知られていて、それをDOHaD説といいます。 写真はイメージです。 photo by pixabay この説が提唱されるきっかけに、第2次世界大戦が関わっています。   オランダ飢饉をきっかけに 第2次世界大戦の終わりごろ、後退するドイツ軍の影響で交通路と食料の輸送が遮断され、また記録的な寒さが重なり、オランダでは、オランダ飢饉とよばれるひどい食糧難に陥りました。 住民の1日の摂取カロリーは、標準から半分から3分の1ほどに落ち込みました。 終戦とともに、食糧の供給は回復したものの、この飢饉を経験した母親から生まれた子供は、出生時の体重が小さく、成人後におこなわれた徴兵制度のための身体検査で肥満の割合が著しく高いことがあきらかになりました。 バーカー仮説へ こうした経過をもとに、イギリスで、生まれたときに身体の小さい低出生体重児の追跡調査をおこなったところ、そうでない子どもにくらべて、高血圧、糖尿病、肥満、心臓の病気にかかりやすいことがわかりました。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

臓器移植法施行から20周年 臓器移植への関心が未来へのカギ

臓器移植は、病気や事故によって臓器が機能しなくなった際に、ほかの健康なひとから臓器を移植して機能を回復させる治療法です。 今日まで世界各国で、おおくの移植治療がおこなわれています。日本では、1964年に生体腎移植・肝移植がおこなわれたのが始まりです。以後、拒絶反応やIPS細胞の研究などさまざまな移植の手段・形が研究されています。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

気管支喘息と体型の関係からみえてくる一つの答え

○気管支喘息とは 気管支喘息とは、気管支が慢性の炎症により狭くなったり、過敏な状態になることで、発作性の呼吸困難や咳・痰を生じる病気で、その背景にはなんらかのアレルギーが関与していると考えられています。 治療としては、狭くなった気管支を拡げる薬や、狭くなる原因のもとになる炎症を抑える薬を内服することで治療します。現在の治療では、炎症をおさえる吸入ステロイド薬を中心として治療が行われています。 ところで、喘息には、いくつかの原因が指摘されていますが、そのなかでも、体型に関しては以前から多く報告されています。今回は、そんな気管支喘息と体型に関するお話です。   写真はイメージです。 Continue Reading ->

新しいVEGF阻害薬brolucizumab 滲出型加齢黄斑変性への有効性

加齢黄斑変性は、加齢などが原因となり黄斑が障害される眼の病気です。年々増加傾向にあり、高齢者の失明の原因ともなることから、有効な治療法の開発がのぞまれています。 加齢黄斑変性とは 加齢黄斑変性では、眼の網膜にある「黄斑」に障害がおきます。 黄斑は、網膜の中心にあり、外から入った光が当たる部位です。小さい部位でありながら、ものを見るためには大切な役割をはたしています。また、網膜の下には網膜色素上皮という細胞があり、その下に脈絡膜という血管に富んだ組織があります。正常にものを見るためには、網膜色素上皮や脈絡膜が上手く働くことが必要です。 眼の構造 Continue Reading ->

知らぬ間に骨が折れた!「咳による肋骨骨折」

「骨が折れた」そう聞くと大きな怪我のように思えますが、肋骨の骨折となると通常の骨折とは少し事情が異なります。 風邪が治らなくてなかなか咳が止まらない、そんな時に背中や胸の下あたりがズキズキと痛み始めたら、それは肋骨が悲鳴をあげている所かもしれません。 今回は「咳による肋骨骨折」がどんなものなのか、原因や症状、治療法などを詳しく解説していきます。 写真はイメージです。 Continue Reading ->

緒方洪庵 人材育成に尽力し、天然痘撲滅に奮闘した高徳の人

[日本の近代医学の祖] 「緒方洪庵」という名前を聞いたことはありませんか。なんとなく聞き覚えがないでしょうか。ドラマ「仁-JIN-」(原作は村上もとか氏の漫画)で武田鉄矢さんが演じていたのが「緒方洪庵」です。武田鉄矢さん演じる緒方洪庵はいい表情していましたよね。 ドラマには多くの実在した人物が登場しましたが、緒方洪庵も蘭方医として実在した人物です。 洪庵は温厚で怒るようなことはなく、自分の門下生には厳格な態度で臨みましたが、声を荒げたりすることはなく笑って接したと伝わっています。人付き合いにも長けていて、いろいろな方面に関わる多くの人達と交流をしています。 武田鉄也さんが演じた緒方洪庵はどうのようなお医者さんだったのでしょうか。 [医師として開業するまで] 緒方洪庵は1810年7月に現在の岡山市北区足守に足守藩の下級武士の子どもとして生まれました。8歳のときに天然痘に罹患しています。小さい頃から病弱だったことから「武」の道よりも「文」の道で生きることを志します。 1825年に元服して大坂蔵屋敷留守居役となった父と大坂にでます。洪庵が元服する2年前にシーボルトが来日して長崎で蘭学塾を開いていました。蘭学が注目されていた時期で、洪庵は西洋医学を志すことを決意します。 翌年に蘭方医中天游(なか Continue Reading ->

あれ?指がおかしい…身近な指の病気「バネ指」とは?

1.   〜はじめに〜 普通に生活していたらあまり耳慣れない言葉かもしれませんが、「バネ指」は誰にでも発症する可能性がある身近な病気です。 指が一本使えないだけで日常生活は不便極まりないものになりますが、実際に「バネ指」になると手先の不自由さに加わって、いちいち指が曲がる度に関節に激痛が走り、日常のなんでもない作業さえをも困難になっていきます。 今回は、割と身近な上にとても厄介な指の病気「バネ指」をお届けいたします。 写真はイメージです。 Continue Reading ->